アンテナとノイズ

趣味の一つのアマチュア無線。
九月の引越し後、しばらくしてからアンテナを建てました。
地上高3.5mのアルミポールに5バンドくらい出れるモービルホイップ(HV5Sだったか)の組み合わせ。
これがノイズを拾うは受信は悪いはの組み合わせ。

アンテナは五年近く屋外に転がしていたので、劣化があったのかもしれません。
アルミポールは移動運用向けのを以前に安く入手していました。
住宅街のマンション一階でアマチュア無線を再開するとなると、制約は多く、先ずは最もシンプルな構成で試してみたのですが。
結果は最悪。

引越前を含めて、HFは手動のアンテナチューナー(CAT-300)を利用していました。
このアンテナチューナー、電波を出す度に手動のチューニングが一々面倒なのですが、現代のアマチュア無線でアナログを唯一感じられる楽しい機材でもありました。
無線機(FT-857)のより容積が数倍ある筐体も、見た目がアナログでちと頼もしく。
世の中、イザという時はアナログに頼る場面が多く思えて。

先週末に秋葉原の無線ショップで決算セールがあり、ATU(FC-40)を入手しました。
無線機からそのまま操作できるオートアンテナチューナーです。
それほど重要視していない趣味にしてはソコソコの出費でしたが、目立たないロングワイヤーアンテナを長く張れて、それを最大限に活かせそうな道具で決めました。
性能の良いアンテナほど、大きかったり目立つ外観だったりします。集合住宅では難易度高く。
色々検索したところ、ロングワイヤー&ATUの組み合わせが好適そうでした。

入手後に早速試したところ、受信性能は格段に向上しました。
まだ交信はしていませんが、送信時のSWRも悪くないです。
同時に入手した144MHzと430MHz向けのモービルホイップも満足な性能で、それまでSメーターが1程度しか振れなかった筑波山レピーターも59で受信できるようになりました。
話を整理して、現在の環境は無線機がFT-857、HFと50MHzはFC-40経由でロングワイヤー、144MHzと430MHzはモービルホイップです。

しかし、問題が発生中です。
夜になると、HFから50MHzまでSメーターが振り切れそうなノイズを受信しています。
平日の朝と夜、時々確認していましたが、朝の7:20くらいからはノイズがほぼ無くなります。帰宅は早くても19時くらいなので、既にノイズの嵐です。
夜に動いている電気的な何かがノイズを出している様子。
土曜の今朝も試しましたが、同じ症状。

アンテナポールは街灯から1mくらいの距離です。(この場所がどの建物からも距離が一番離れていて)
これが影響しているのかなぁと思っていましたが、今朝確認したところ、最寄りの街灯が消灯しても、ノイズは乗っています。(若干下がったようにも思えますが)
ただ、同一線上の離れた街灯はまだ点灯していたので、それがノイズを発生しているのかもしれず。
その数分後にはノイズがパタッと収まりました。

街灯の多くは、その場所の照度を確認して点灯したり消灯したり。
ノイズの乗るサイクルとかなり似ているので、今夜はノイズが乗り始めるタイミングを確認してみたいです。(引越し後の色々がまだ残っている週末なので、外出するかもしれませんけれど)

あと、ダメもとでコモンモードフィルターを2つ注文しています。
これで片付くなら助かります。(街灯にノイズが乗っているとしたら、自分では手の施しようがないですし、周りにはなるべく手間をかけたくなく)
本日中に配送される予定なので、早く届かないかな。

お庭がある部屋を折角選んだので、趣味のアマチュア無線にも上手く活用できたらと思っています。
土曜の昼間にコレを綴っていますが、この時間帯は上記のノイズがほとんどない状況です。
しかし、パソコンの電源を入れると、Sメーターで5くらいノイズが乗ります。
煮詰める要素は、この先もまだまだありそうです。
ガァ