Amplitube 3にハマる

しばらく前に入手したALLEN&HEATHのミキサーZED-10。
一万円台ではなかなか素敵なミキサーでした。
それにバンドルされていたソフトで、今週末はハマっていました。

「Amplitube 3」という、アンプやエフェクターのモデリングソフトでした。
とても高価なアンプやエフェクター類の効果を、コンピューター上で再現するソフトとでもいうのかな?
しかし、トラブルが。音は出たものの、数十秒単位で警告音が「ピッ」と鳴りまして。
この「ピッ」が結構な音量でした。

風邪気味の週末でしたので、部屋で呑気に過ごす予定でした。
そうでなければ、こんなことにハマッているのは勿体無かったかもしれません。

こちらのサイトは日常生活のボヤキを綴っても、訪問者は少ないです。
しかし技術系のトラブル解決関連は、けっこうなアクセス数です。

はい。今回のトラブルの解決方法は、OSのクリーンインストールだけでした。
「だけ」といっても、けっこう面倒な作業です。長い待ち時間が多く、その間は楽器の練習でも。
それで直らなかったら、痛すぎる時間の無駄となる選択でした。

【トラブルの経緯】
コンピューターはMacbook Air(MC968J/A)。二年前に入手したモデルです。
ソフトは、GarageBandとAmplitube 3のどちらでも、「ピッ」が再現。

Macのサウンド関連は、CoreAudioとかいうのが縁の下で頑張っているのですが、システムのログを確認すると、それがエラーを出している様子でした。
こんな感じのエラーです。→「ernel[0]: Sandbox: sandboxd(330) deny mach-lookup com.apple.coresymbolicationd」
各種設定を見直しても、全く改善されず。

試しに、古いThinkPadにAmplitubeを入れて、どうなるか確認してみました。
Core duoという五年以上前のCPUを積んだThinkPadでは、更に酷い有様でした。処理能力が全く足りない様子です。ほぼ常にノイズを出すだけ。

デスクトップのPCでも試そうかと思ったのですが、原因はどうにもMac側に思えてきて、英文のサイトを色々検索しました。
MacのOSをメジャーアップデートした場合、似たようなシステムエラーが登場するようでした。
明確な解決方法は他に無さそうで。

自分のMacは、確かにメジャーアップデートを一度しています。(現在はMountain Lionとかいうの)
他にも、CoreAudioがCPUの占有率を上げてしまい、手動で停止させてしまった過去があったような気もします。(うろ覚えです)

最低限のデータのバックアップをNASに残して、さっさとクリーンインストールを始めました。
二時間少々でほぼOSだけの状態に。
まずはGarageBandをインストールし、例の「ピッ」が出ないことを確認。
続けて、Amplitube 3をインストールし、「ピッ」が出ないことを確認。
レイテンシも感じられないですし、やっとまともに使える環境になりました。

OSのメジャーアップデートは、クリーンインスロールに限るようです。
過去にもWindowsで痛い思いを幾度か経験していたのに、Windows 8もクリーンインストールではありませんでした。
どうして、音楽はMacな環境に拘るか?というと、安いGarageBandをちゃんと使ってみたかったからです。

DAW系のソフトはまともに使ったことが無く、有名なソフトはどれも数万円します。
シーケンサーのソフトは十数年前に使っていましたが、ほとんどmidi専用でした。
GarageBandで物足りなくなったら、高価なのを入手してみようかと。
とりあえず、最低限のコストはハードウエアだけで十分です。

JBL Control 1X

JBL Control 1X

夕刻に地上から見上げたところ、我が家の屋上にあったダイポールアンテナの支柱が無くなっていました。
先日の雪で、屋上に上った時は、まだ健在だったのですが。
確かめに伺ったところ、支柱は根元で折れていました。
地上側に倒れないよう、ちと工夫していただけでも、良かったか。
とりあえず、支柱は撤去。

そんなことより、週末に入手したミキサー(PA用)の動作確認が先決。
この部屋に引っ越して来た当初から天井に吊るしていたJBLの小さなスピーカーを取り外し。
数年間、ケーブルも繋げず、ほぼオブジェだったスピーカーは、取付けも大変でしたが、取外しも更に大変でした。
天井の角に寄せた設置だったり、錆付いてネジが回らなかったり。
落下してくる埃に瞬きしつつ、無理な体勢で筋肉痛になりつつ、どうにか取外し成功。
今年一番、汗をかきました。

軽く清掃したスピーカーは、パッと見、新品のようになりました。
しかし、ウーファーのエッジが左右とも崩れ落ちていました。
高価なJBLの記事で、エッジの劣化を幾度か目にしていますが、安いJBLも同じように壊れるようです。
崩れたエッジのせいなのか分かりませんが、PAにヘッドホンを繋げたときの音に比べて、スピーカーの音はスカスカです。
健在だった頃の音は、けっこう好みだったので、こいつも直さなくちゃいけないのかな..。
修理ばかりで、何も使いこなしていないこの頃です。
ガァ

Fender USB Guitar

Fender USB Guitar

冬休み最終日、通関でやたら待たされていたガラクタ、”Squier by Fender® USB Stratocaster Guitar“がやっと到着。

とり急ぎ、心配していたレイテンシは、問題なかったです。

追記:2013/01/08
この製品はAppleとFenderのコラボレーションで作られたらしく、Squierブランドで発売されています。
梱包されてきた箱には、上記のロゴが自慢気に飾られていますが、本体は一見単なるSquier。
80年代のFendar JapanのJazz Bassをずっと所有してきた自分には、Squierも侮れない存在でした。
今回のUSBギターはインドネシアで作られた個体でした。

オリジナルのStratocasterを所有していないので、細かな点は違いがあるのかもしれませんけれど、個々のパーツに、それほど安っぽさを感じさせないギターです。大きな違いといえば、ハムバッカーのピックアップが付いているくらいでしょうか。
まぁ、何よりもMacやiPad、iPhoneにUSBで直結出来るのが魅力的でした。
試しに接続したのは一昨年発売のMacbook Air、昨年前期に発売のiPad3、iPhone4です。この組み合わせではレイテンシを全く感じさせませんでした。
しばらく前に購入した音楽ソフト「ギタースミス(PS3版)」に付属のUSBケーブルで、Fender JapanのJazz Bassを繋げた際は、けっこうなレイテンシで、USB I/F経由の接続は「こんなものなのかな?」と少々残念でありました。
今回はその辺を心配していましたが、無駄な心配に終わったようです。(まだPS3に繋げていないので、何とも言えませんが、少なくとも、このUSBギターがレイテンシの原因になることは無さそうです)

ノイズについては、セレクタの位置によって、若干乗ることがありました。
まぁ、シングルコイル特有のものかと思いますし、ボリューム部の半田付けとか電気系統の導電塗料対応で改善するかと思います。
自分は昔から6弦楽器が特に下手でしたので、これを機会に少しは上達したいと思っています。

便器修復作戦

シーリング材とガン

自分の家というか部屋は、築四十数年の古いビルの1Kです。
自分より少し歳上のビルなのかと思います。

暮らし始めた当初から、幾つかの問題がありました。
その幾つかは解決出来ましたが、残った問題も。
特に、冬場のアンモニア臭。

夏場にはほとんど問題無いのですが、冬場に風呂場のアンモニア臭がキツいのです。
風呂場の排水溝を普段は塞いだり、地道に対応をしてきました。
この冬休みの初旬には、バスタブを移動して、普段出来ない部分も清掃して。

タイル貼りの風呂場、バスタブの周辺は酷い状況でした。
風呂釜とバスタブの分離、思ったより簡単でした。もっと早く対応すべきだったかなと。
これで臭いは治まるか?と思っておりました。

効果は認められたものの、まだ臭います。
部屋にずっと居ると分かり辛いですが、帰宅して玄関を開けた瞬間です。
残念。

その後、足元が半分腐った簀の子(すのこ)の日干しも試しました。
これも効果あったようですが、それでも帰宅すると、残念臭。

一番気になっていた部分を本日手掛けました。
洋式便器と床の間(継ぎ目)から水が漏れてくる対応でした。
専門業者さんに任せると、けっこうな出費になるようで、やはり自分で対応。

賃貸なので、大家さんにお願いすれば普通は済むと思います。
それに、十年前に引っ越して来た当初から続いていた問題でしたから。
しかし、数年前の契約更新を放置して頂いたり、大家さんは高齢で賃貸収入だけの様子。
契約更新の手数料とか面倒だと思っていましたが、お願いしたワケでもないのに、数年前から不動産屋さんから呼ばれていません。
義務と権利のバランスから考えると、出来れば自分で直すべきかと。

お昼過ぎ、まだ呑んでいないので、スクーターでDIYショップへ。
防カビのシーリング材と、それ用のガンを入手。

帰宅して、便器を固定している大きめなボルトを外すのに一苦労。
人と便器がほぼ合体した作業、二時間余り。
便器と床の隙間を少しあけたところで、ガンからシーリングを注入。(隙間から見えた中は、思ったより地獄絵図ではありませんでした)
しかし、床がまだ濡れていたからなのか、上手く密着せず。

コテのような物で押さえ付けても、コテにシーリングがくっ付くのみ。
見た目もどんどん悪くなる。
素手に付いたシーリングが痒い。
最悪である。

台所の湯沸器で手を洗っても、シーリングは落ちるどころか手の一面に延びるのみ。
ますます最悪。

便器を固定していたボルトを締めるのも一苦労。錆で回り辛かったり、空回りだったり。
このシーリングが硬化するのか謎の中、とりあえず放置。
正月だというのに、自分はいったい何をやっているのであろうか。

【注意:】
便器と床の継ぎ目から漏れてくるのは、本来シーリングで対応すべきでは無いらしいです。
詰まり等の元の問題の対応が必要らしく。
一時的な漏れだけを抑えても、ますます恐ろしい次が待っているかも知れません。
なので、作戦変更を考えています。

2013新年

元旦の神田明神にて

呑気にしていたら、新年を迎えてしまいました。
本年も、テキトーに宜しくお願いします。

この町に暮らし始めたのが、丁度十年前の一月初旬。
数日前に炊飯器や電気ケトルを入手。
ほとんど、自炊していなかったもので。せっかくの連休、普通の生活を味わってみたいなぁと。
テレビを購入したのは昨年の今頃だったか。

Facebookは数ヶ月閉じていました。
そんなに話題のある男では無いもので、平日はやるべきことに集中したかったり。
第一に、面倒くさい。
これも年末年始のあおりで、再会してみました。

この連休、一人暮らしですと、誰とも話をしない一日があったりします。
会っていながら話をしないのではなく、誰とも会う機会がなく。
町の活動とも距離を置いてしまったもので。

そんな元旦、Facebookを覗いてみると、13年前のオランダでお世話になった夫妻が近くへ訪れている様子でした。
神田明神の初詣で、参道の行列に並んでいる様子。
間に合うか?

カメラ片手に部屋を飛び出しました。
大きな賽銭箱の横で十数分、群衆を見渡しました。ここは眺めが良いので。
人混みの中に、頭一つ分飛び出たラウルさんが居ました。
あのときと、同じ笑顔だ。
群衆に飛び込みました。

元旦の神田明神にて

懐かしすぎです。
Facebookも、たまには役に立つようです。