Rocksmithのススメ

全然知らない曲を試す

Rocksmithを楽しんでいる数日です。
PS3等で使える、演奏ソフトの一種。
本物のギターやベースを繋げて、演奏出来たり、採点されたり。

【アマゾンでの紹介:ロックスミス(リアルトーンケーブル同梱)
アソシエイトのリンクは胡散臭いので滅多にしませんが、入手した価値がありましたので。
まぁ、ともかくリンク先のレビューに色々と綴られています。

以下は数日使った個人的な感想です。
勘違いも含まれそうです。

【どんな人に向いてるの?】
・PS3が単なるブルーレイの再生装置(自分も)
・嘗てのバンドマン全て(自分も)
・当時、メンバーが集まらなかった楽器持ち
・一般的なゲームは好きでもないが、部屋にギターかベースが転がっている
・ギターは弾いていたが、ベースはオブジェ(その逆も可)
・これからバンドや楽器を始めたい人
・興味はあるが、楽器に縁がなかった人

【必要なもの】
・エレキギターかエレキベース(ピックアップやマイクが用意出来るなら、チューニング可能な全ての楽器※)
・Rocksmithが動作出来るハードウエア(PS3やパソコンや、Xbox)
・Rocksmith。(一般的なRocksmithでしたら、楽器と接続出来るケーブルも同封されています)

※チューニング(音程調整)が出来ないと、ゲームが間違った音と認識してしまいます。

【その他あった方が良いもの】
・新品の弦
・楽器の手入れ道具類(オクターブのチューニングや、弦高調整、フレットの錆び落とし等々、Youtube等で色々調べられます)
・テレビ以外の、ある程度まともな音の出せるAMPやステレオ

そもそも、ゲームは高校受験以降ほとんどやっていませんでした。
クリアするまでの時間の無駄と達成後の空虚感で。
インターネットのお陰で、対戦型なのもあるようですが、基本的にその後何も残らず。(相手がいるだけ、コミュニケーションの面白さはあり)
何も残らないのなら、ちょっとした暇つぶし程度で十分かなと。

演奏そのものの楽しさや、その後覚えた楽曲やフレーズ。これは意味あると思うんです。
自分の場合、一人だけの演奏では無駄に力んでしまい、上達も前進も少なかったです。
バンドの一員でしたら、演奏の最後まで付き合う必要があり、途中でコケても続ける義務があったりで。
実際、途中でコケても次のタイミングで復帰出来る柔軟さは重要だと思っています。指癖だけの演奏ではそうもゆかず。

弾いた瞬間の音が微妙に遅れて登場したりの問題も抱えるゲームですけれど、それ以上に楽しめる何かがあると思っています。
下手にI/Fを繋げると、とてつもなく発音が遅れますので、ゲーム機からAMPに直結くらいのシンプルさが必要かもしれません。

この年末年始は、ぜんぜん知らなかった8ビートの練習曲に振り回されそうです。

カイロを入手

エジプトではないカイロ

冷え性の自分です。
数年前まで、秋葉原の小売店で大量に売られていたカイロ。
Zippoのブランドが、ちとアーミーでオシャレな感でした。

今年の冬はなかなか寒く、今年こそは買おうと思ったら、何処にもあらず。
色々調べてみると、ハクキンカイロの「こはる」というモデルが自分に合っておりました。
しかし、こはるちゃんは既に絶品。
オークションで時々入手可能らしいですが、現役時代の数倍の値段。
そこまでして、買おうとは思いません。(正式にまた発売してほしいです)

数日前に、まずはZippoバージョンをAmazonで入手。
着火性は今ひとつでしたが、慣れれば問題無し。(実際は火をつけるワケではなく、化学反応のスタートらしいです)

気を良くして、更に本家のminiも入手。
これまた素晴らしい。

この質感と、この重さ。
iPodやiPhoneの原型が、ここにありそうな気がしてなりません。

温いぬくいよ、我がポケット。
あぁ、たまらん。

一般参賀へ行ってみた

一般参賀のあとにて

本日は、久方ぶりの「大人の遠足」。
ここ数年、ずっと皆勤賞だったのですけれど、前回の五月はアフリカ出張にて欠席。席があったワケでは無いので、不参加か。
冬の皇居も、冬らしさを感じられて素敵でした。

集まった十五人の中で、万歳三唱したのは、自分だけだったようです。
校歌や社歌を歌うのは昔から苦手だったのですけれど、何だかスッキリしました。

来年も、大人の遠足楽しみにしています。
しかし、D800の映像は、なかなか素晴らしいです。
来年こそは使いこなしたいです。

Jazz Bassの修理 その2

導電塗料の塗布後

どうにか音は鳴るようになりました。
電気系を一新しました。

ピックアップはFender USAのオリジナルをebay USA経由で入手。国内では二万円近くするようですが、八千円代で入手できました。
ボリューム三つは評判の良い安いモデルを秋葉原のパーツ店で入手。一個九十円。
コンデンサーは三百円くらい。

折角なので、耐ノイズ処理も。電気系が収まるスペースに導電塗料を。千五百円くらいでした。
導電塗料は意外にも秋葉原で入手し辛く、御茶ノ水の楽器店で扱っていました。
ボリューム背面の半田付けは、パワーのある「半田ごて」でなかったので、手こずりました。半田がなかなか乗らず。

まだ、細かな調整は終わっておりませんが、芯の太く、広域までのびる音に生まれ変わりました。
肝心のノイズもほぼ消えました。
新品時のオリジナルのFender Japanのベースと比べ、劇的な変化はなかったですが、元々悪い製品ではなかったのだと解釈しています。
ちゃんとしたスタジオに置いてある、ちゃんとしたアンプで鳴らした方が、本体を変更するより効果あった思い出もあります。根本的な問題を抱えた本体では話になりませんけれど。
まぁ、今回はまともに音が出ないという楽器として致命的な問題を抱えていました。

バンドブーム時代にギターやベースを入手した皆さん、似たようなトラブルを抱えていそうです。
自分で直してしまうのも、なかなか面白いですよ。

振り子



今年の初旬にテレビを入手したものの、目覚まし代わりに朝のニュースをタイマーセットしているだけ。
相変わらず芸能系は疎いです。

ここしばらく流行っていたらしき動画、観てみたところ、なかなかでした。