UA-3の使い道

寒い寒い

十年以上前に購入したUSBアナログインターフェースのUA-3。
一種のA/D、D/Aインターフェースというか、パソコンに音声を出し入れしてくれる道具というか。
この道具が色々と問題があったりで、ずっと埃をかぶったままでした。

使っていた楽器のシールド(信号ケーブル)が悪くてノイズを拾いまくりだったり、音を再生しながらの録音ではタイミングがズレたり。
あとは、当時使用していたPCと相性も悪かったようで。
ほとんどの問題は、UA-3以外の部分だったかもしれません。

ただ、時々役立つこともあったんです。
ご近所さんで、カセットテープの音源をPCに取り込みたい時とか、けっこう良い音質で録れたそうです。既にそれから数年経っていますが。

先日購入した安価なデジタルアンプに繋いだらどうなるか、試してみたところ、これがけっこう良かったんです。
接続はこんな感じでした。
Mac(iTunes) => USBケーブル => UA-3 => TP10-Mark4 => SP
音はリアル。

各楽器の輪郭や解像度が鮮明になった気がします。
UA-3はそんなに立派なD/Aを積んでいないと思いますが、Macのアナログ出力から線を伸ばすより、いい感じです。

気を良くして、UA-3の光デジタル入力も試してみることに。
ブラビアの光出力 => 光ケーブル => UA-3 => TP10-Mark4 => SP
これがまた、いい感じでした。

お金を掛けているピュアオーディオ派の方からは笑われてしまいそうですが、なかなか感動しております。
UA-3、見た目もプラスチッキーで玩具みたいですけれど、こんなに使える道具だとは思っておりませんでした。
オーディオ用の本格的なD/Aだともっと凄いのかな。しかし、あまりお金を掛けたくないので、当面これで十分そうです。

Apple iPhone 4 Dock

町会の餅つき大会にて

本日は朝から町会の餅つき大会でした。
この部屋に引っ越してきてから9回目になります。
引っ越して来たばかりの頃、最初のイベントが町会の餅つき大会でした。
考えてみると、そんなに長く同じ場所で暮らしたことは無かったような。

昼から呑み過ぎてしまい、一眠りして、電気街へ出掛けてみることに。
iPhone4用のDockを探しに。
iPhoneを立てる台座みたいな物なのですが、ボリューム回路を通さないアナログ音声を取り出せるそうで。
サードパーティー製が何故かなかなか無く、やっと見つけたところアナログ出力のコネクターはあるものの単なる飾りだとのことで。Apple純正は三千円近くしますが、その安いのは千円未満。
とにかく目的に合わないのでは仕方なく、Apple純正を購入しました。

こんなものを買ってどうするのかというと、昨日購入したデジタルアンプに繋げてみたかったからです。
自宅に戻って早速試してみると、2つの効果がありました。
1)iPhoneの音量調整が無視される。これは期待していた効果で、アンプのボリューム操作だけで音量調整が出来るようになったのと、そのボリュームも現実的な操作範囲になりました。(時計の2時まで回さなくても音が出るようになりました)
2)音質が良くなった気がします。左右の分離や、各楽器の分離や、広域から低域までのフラット感。まぁ、測定器を使ったワケでは無いので、客観性の無い評価です。

大袈裟な表現かもしれませんが、初めてCDの音源を聴いた30年近く前を彷彿させるデジタルアンプでした。
こんなに安くて小さくてシンプルな回路なのに、とても澄みきった音を出してくれて。
しかし、こんなのばかりが登場してしまうと、国産オーディオ市場はますます厳しくなりそうです。
30年前だったら、十倍以上の値段で売れたと思えるし。

デジタルアンプを入手してみた

TP10-MARK4

しばらく前から気になっていた安いデジタルアンプを購入してみました。
元ラジオ少年で、アマチュア無線とかやっていたオッサンからすると、デジタルアンプの「D級増幅とは何ぞや?」でした。
A級増幅は音質が良いけれど、パワーは出し辛く、その癖電力馬鹿食い。
B級増幅はテキトーな音質だけどハイパワーで低消費電力。

D級増幅はその辺のアナログな概念とは別物の様子です。
高域から低域までしっかり音を出してくれて、それでいて低消費電力。
ただ、安い機種は10W程度の出力しか出せないようです。
色々調べたところ、TP10-MARK4という機種が安いクラスの中でも評判良さそうでした。

一部の通販ではもっと安く入手できる様子でしたが、秋葉原では店頭販売もあるそうで、様子見に行ってそのまま衝動買い。
棚に二つの箱、自分の観ている前で一台が売れてしまいまして、釣られたというか。

自宅のしょぼいミニコンポからスピーカーケーブルを引っこ抜いて、小さなアンプの出力に繋ぎ変えて。ケーブルの先には天井付けのJBLの小さなスピーカー。
iPhoneのステレオプラグから入力を引っ張り出し。オーディオの世界で今でも現役なのか謎なDonald Fagenを鳴らしてみると。

なかなかいい音。
高域のシンバルの金属音から、低域のベースの腰まで素直にしっかり鳴っています。

入力の無い状態でアンプのボリュームを目一杯上げても、スピーカーからほとんどノイズが出ません。けっこうなS/N比です。
ただ、iPhoneのボリュームを八割くらいに上げた状況でのアンプのボリュームは、時計の二時の辺り。(この部屋で許されそうな最大音量)
これまで経験したアナログアンプでは、部屋で聴く限り時計の十時以上上げたことがなかったので、ちと違和感。
まぁ、音は全く歪んでいないので関係無いか。

これじゃ、ステレオ要らなくなっちゃうな。
実際、CDから直に鳴らす機会は無くなっているし。
好きな曲だけピックアップしたiPhoneから直付けて鳴らすのは、何かと楽で。

寝正月

お節もいいけどカレーもね

昨年の大家さんの他界もあり、今年のお正月は自宅でしんみり過ごしています。
ただの寝正月にしてしまうのも勿体無く、年末にテレビを新調。
我が家には何年もテレビが無く、特にそれで困らぬ生活でした。
AKB48も新しいお笑い芸人も興味なく。

ただ、どうしても観ておきたい番組もたまにはあり、そんなときはPCに繋げたチューナーで無理やり閲覧していました。
PCの起動もソフトの起動もそれぞれ数十秒掛かり、その儀式が面倒で、よほど観たいときしか触れない環境。
テレビからはますます遠のいていました。

購入に至った理由の一つは、ヨドバシで時々みかけたフルハイビジョン映像。その質の高さでした。
地デジ化が騒がれていた頃までの薄型テレビの値段に比べると、現在は迷わず購入できる値段。
この部屋は八畳くらいの広さしかないので、32インチの画面でも十分に大きく。
近場のヨドバシで入手し、歩いて持って帰れるかと思ったものの、やはり重くタクシーでワンメーター。

早速部屋で映像を確認したところ、実に素晴らしい。
我が家はケーブルテレビの配線がされていて、地デジは簡単に観れました。
衛星放送も観たくなり、色々試したのですが、ケーブルテレビの契約をするか、パラボラアンテナを自分で立てる必要があるとのこと。
パラボラアンテナも五千円くらいで購入できるようで、更に入手。
設置と調整は30分程で完了。

衛星放送も実に素晴らしかったです。
有料の放送も邪魔な枠が半透明で写り込むのみで、全く観れないワケではなく。期間限定なのかな?(昔はスクランブルがかけられて全く観れなかった記憶)※

更に欲望。
我が家にはDVDを再生する装置がPCにしか無く、テレビでDVDを再生する手段がありません。
フルハイビジョンの映像を楽しむなら、ブルーレイの再生装置も入手してしまおうかと。
ブルーレイのレコーダーか、再生専用機か迷ったのですが、遠くない将来にインターネット放送系が大きな進化を迎えるらしく。(その辺の共通規格が検討されている昨今とのこと)
その辺が整ってから購入すれば良いということで。
しかし、待っていたのでは好きなときにDVDも観れないので、今後もアップデートが見込まれるPS3を購入してしまいました。

普段ゲームを全くやらない自分、たぶんこの先もやらないと思います。
購入したテレビがSONY製だったので、PS3もテレビのリモコンで全部操作出来るそう。PS3はあと五年くらいのモデルサイクルも見込まれるらしく。
今後のアップデートにもちと期待。

いざ古いDVDを再生してみると、何だかボヤけた映像。
やはり、古い規格の映像データは仕方ないようです。
DVDビデオは十本も持っていなかったかな。映像の進歩は斬新にして残酷。
折角なので、「ブレードランナー」のブルーレイ版も購入してみました。同じのはDVDでも持っていました。
見比べてみると、劇的な違い。

一昔前ですと、「大画面のテレビほど粗が目立つ」イメージで。
いまどき32インチくらいでは大画面と呼べないのかも知れませんが、この画面サイズで何処までも鮮明。
同じスペックのシステムを数年前に購入していたら凄い値段たったと思います。
新年早々ダラダラ綴ってしまいましたが、映像ソフトは今後も最低限しか持たないのが無難そうです。
ガァ

※:B-CASカードを新規挿入して一週間くらいは無料で視聴できるっぽいです。年末年始に丁度良かったのかな。