年賀状


[ 今回の年賀状 ]
本日、年賀状をやっと刷り上げました。
デザインをもう少々触りたかったのですが、最後は勢いのみで。
どっちみち、今からじゃ元旦に届かないのですけれど。
宛名印刷もちとハマりました。
五年以上音信不通の知人へ送ってみることにしたのですが、はたして住所はまだそのままなのか。(幾度も自分は引越ししていますし)

続きを読む

キーホルダー


[ キーホルダーのA面 ]
職場の鍵を持っていないもので、出勤が早めの自分は他の階で鍵を借りる場面が多いです。
その鍵なのですが、あまり気持ちよくないキーホルダーにぶら下がっています。
率直なところ、朝一でこれを観てしまうと、気分が少々滅入ります。
旅の土産や、引出物でも類したのがありますよネ..。頂いても扱いに困ってしまったり。
まぁ、このキーホルダーは工夫が施されており、表と裏でデザインが異なります。

続きを読む

泥棒のような真似


[ いつもの赤いカフェにて ]

今朝は妻恋神社の飾り付けから始まりました。
集まった町会の皆さん、相変わらず手際が良く。
先日のことですが、この神社の取材があったそうで、次回の初詣の参拝者数は期待できるかもしれません。
あと、某コミュニティ誌で自分の撮った写真も掲載して頂けるそうですが、引き伸ばしに耐えられるかちと心配です。
その後、Vespaの洗車。

路上洗車の途中、老舗の小料理屋の女将さんから声を掛けられました。
「お店の鍵、開けてもらえる?」

続きを読む

クリスマスツリー


何を綴ろうにも仕事の話になってしまいそうだったので、今週は日記を避けておりました。
本日は夕刻から、自宅近くの赤いカフェへ。
ガラスの間仕切りが開けられたテラスに吸い込まれました。
ここが居心地良くて。
歩道に面しているテーブルは、実際寒いのですけれど、ご丁寧に膝掛けが用意されていました。
左前のこのクリスマスツリーは、あと数日で門松にでもなるのかな?なんて呑気な発想をしていたところ、右後ろの女性から声が。
「すみません。膝掛け、貸して頂けますか?」
上品な服装の女性は、美しく、そして一人ぼっち。
「いいえ、私もろとも貸してあげましょう」
とは言えませんでした。
ガァ

呑むと眠くなる

Right-side is SUKIYAKI
[ 半分寝てました ]
寝ぼけているところを、上司に撮影されてしまいました。
だらしのないオッサンになったもんだとつくづく。
でも、チャックが開いたままでなくて良かったです。
ガァ

ピカチューのお父さん


[ ピカチューのお父さん ]
週末のこと、某展示会で横浜へ伺っておりました。
桜木町の駅前で職場の方と待ち合わせしていたところ、謎の男性を発見。
どうしてそうなったのか、三つの接点を考えてしまいました。

  • ピカチューの着ぐるみをまとっていた
  • 松葉杖をついていた
  • 子供さんと一緒だった

結局、謎のままでした。
ガァ