雨のウェンズデイ

iTunesで大瀧詠一さん絡みのアルバムを取り込んでいる最中に、ちょっと思い出した出来事がありました。
自分が高校生くらいの頃だったと思うのですが、裁判沙汰の新聞記事でした。
しかし、その件をWebで検索してもほとんどヒットせず。数年前まではWikiでも扱われていた話題だったハズなのですが。
(ここに綴ってしまって問題あるようでしたら消す予定です)

自分の高校生時代なので、三十年近く前の話です。
「大瀧さんがDJを務めるラジオ番組ではアマチュアミュージシャンの自作曲を募集し、良さそうな作品は番組内で放送。しかし、大瀧さんは製作者に断りもなく自身の新作でその音源をパクッて裁判になった」という様な内容でした。うろ覚えも入っています。
当時、アマチュアバンドで頑張っていた友人は、このニュースにかなり怒っていました。「アマチュアミュージシャンを敵に回した」と。
数人から訴えられたような記憶なのですが、インターネットも無かった時代に被害者を集めたのは凄いなぁと思ったり。
数ヵ月後だったか、気になっていたその裁判は和解したような小さな記事も新聞で観掛けています。

大瀧さんの一部の作品は自分も好きで、80年代からずっと聴いています。車を所有していた頃はいつでも流せられる状況にしていましたし、iPhoneを初めて購入した時から代表的なアルバムをいつも持ち歩いていました。
大昔に流行ったオールディーズ系の曲をモチーフにした作品が大瀧さんの特徴で、それをキッカケに元となった作品を知れたり、幾つかの曲を合体させたような作品でも自然で無理が無かったり、感心したものでした。
いつ頃からか「オマージュ」という便利な言葉も使われ始め、「パクり」よりは随分と響きも良くなったものだなぁと。

しかし、アマチュアの作品を勝手にパクるのは流石に許されたモノでは無さそうです。
自分がそれをやられたら怒るでしょうし、大物に採用してもらえたと喜ぶアホはそうそう居ないかと。(勿論、事前に話があれば別ですが)
人間性は別として、それでも大瀧さんの楽曲は今でも好きです。
今日は雨の水曜日か。

追記:
大学時代に音楽仲間からの誘いで伺ったコンサートが今思うと貴重でした。
三越でアルバイトしていた友達の友達からの依頼で「今夜のチケットが大量に余っちゃったから来れる人は来てくれ」と。
伺った先は三越劇場の立派な会場でした。出演者はJazzの松本英彦さん。
当時、Jazzを聞く仲間はほとんど居なく、一緒に伺ったのもRock系のメンバーだらけでした。
Jazzを聴く自分でも国内ミュージシャンのアルバムはほとんど持っていません。ずいぶん昔にラジオで日野照正さんも言っていましたが「同じ曲を聴くなら、本場アメリカ人のを買うでしょ」と。
このコンサートが実に素晴らしかったのです。ドラムもピアノも恐ろしく正確なリズムで美しく。数世代前の方々の懐メロ的な演奏なのかと何の期待もしていなかった中で、衝撃的でした。
途中、ピアノの方によるリクエストコーナーがあり、自分は手をあげ「モリタート!」これが運よく採用されまして。
帰宅してから調べたら、あのやたらと上手いピアノは前田憲男さんでした。(当時は名前もよく知らず)
独学でピアノも作曲もマスターした天才らしく、大瀧さんの「A LONG VACATION」にもクレジットで入っていた名前でした。

iTunesの知らなかった機能

デスクトップPCの新調に伴い、iTUnesに音楽CDを取り込みし直している数日です。
元々200枚以上のCDを取り込んでいたのですが、管理状況が滅茶苦茶で好きな曲がアルバム上で歯抜けになっていたりでして。
どうしてそうなってしまうのか、ちゃんと調べていなくて。

特に、取り込んだCDが勝手に「コンピレーション」扱いになってしまうのは大の迷惑でした。
もっと早く調べたら良かったのですが、原因はコチラでした。
CDというか、アルバムを右クリックし、「アルバムの情報」を開いたら「コンピレーション」のチェックボックスを外すだけでした。
ゲストミュージシャンが参加しているようなアルバムですと、歯抜けになりがちだったりでした。

他にも、複数枚のCDに分かれたアルバムの扱い等々、ちょっと困った現象が残っていますが、以前よりは整理された感です。
例えば、コンプリートなBoxモノを12枚のアルバムに分けるか、1枚のアルバムとして扱うか。
これは自分でもどちらにすべきか迷えていて、統一感が無い状況です。

あとは、アーティストの扱いです。
“Miles Davis Quintet”は”Miles Davis”に統一してほしいし。その編は手動で紐づけし直しました。
ナイアガラ・トライアングルは大瀧詠一に統一したり、シュガーベイブは山下達郎に統一したり。
クラシックのアルバムの扱いも、ちと困っています。英語のスペルで「作曲者>アルバム>指揮者」の順に統一したいところです。標準ですと「指揮者>アルバム」になってしまいまして。それも英語表記でなかったり。

BoxモノのCD

初めてBoxモノのCDを入手したのは大学二年生くらいの頃。
Bill EvansのComplete Riverside Recordingsという品でした。RiversideレーベルでのEvansの演奏がほぼ全て収まっている12枚組。
それ以前にはアナログレコードでも発売されていたようです。
このCDが当時定価3万6千円で、貧乏学生の自分には清水の舞台的な買い物でした。
既に単品のCDを数枚入手していましたが、結果的に購入して良かったと思います。
まぁ、裏切られれのは承知でしたけれど「限定発売」の触れ込みで。
特に国内版のBlue NoteレーベルのCDなんて限定と言っておきながら数年以内に安く再販されていたりで。

あれから三十年ほど経ち、CDの世界も随分変わってきたようです。
アナログレコードやカセットテープ等含めて、一つのメディアが30年以上利用され続けているのは、なかなか素晴らしく。
メディアは残っていても再生できるハードが壊れたとか残っていないとか、けっこうあるかと思います。
映像モノを含めると、VHD、LD、ベータ、MD等は短命な部類だったかと。
そんな点で、長寿なCDは素晴らしいと思っています。

しかし、昔に比べるとCDは売れなくなっているそうです。
若い人達が買わなくなったとか、何処かからダウンロードしてくるとかが原因なのか。
その結果か分かりませんが、特にBoxモノのCDがやたらと安い昨今です。
上記に綴ったEvansの12枚組もAmazonでタイミングによっては1万円程度で売られていたりです。
EvansのVerveレーベルでのコンプリートに至っては、18枚組で7千円程度だったり。
過去を知る人からすると、タダの様な値段です。
興味あってどれから買えばよいのか分からなかったら、「Boxを買っとけ」と言いたく。

ただ、いきなり十数枚の演奏を全て聴くのは大変な作業でしょうネ。
コンセプトを持った一枚のアルバムというのは、ジャケットのデザインを含めて存在感があったりです。
なので、最初は代表作の一枚を聴いてもらって、それが気に入ったらBoxという選択が良いのかも知れません。

あと、元々がアナログ盤でCDで再発された単品というのが、特にJazz系ですと困った曲順だったりです。
オリジナルに含まれていなかった別テイクの曲が入っていたりするのですが、それが連続で同じ曲が流れたり。
Live演奏ではあり得ない曲順かと思えますし、聴く側もけっこう嫌だったりします。
出来るものなら、オリジナルの曲順が全て終わった後に、ボーナストラックとして別テイクを入れてほしく。

その辺、Boxモノで良く出来ているなぁと思えたのがEarth Wind & Fireのコロムビア盤です。
全盛期だった頃のコロムビアでの録音がアルバム単位でほぼ全て網羅されており、曲順もオリジナルに忠実で。
更にボーナストラックは別のCDに収まっていて。
「Shining Star ~ That’s the Way of the World」の切れ目ない流れはとても重要だと思っています。
このBoxも十数枚のアルバムが収まっていながら、現在七千円未満の値段です。
自分の若い頃に発売してほしかったです。単品を既に十数以上所有していた中で、入手してしまったりでした。

ちとアフェリエイトになってしまいますが、自分の所有しているBoxモノを以下に載せておきます。





以下は検索途中で見つけてしまった71枚組。流石にこれはやり過ぎ。一つのレーベルで長居し過ぎは良くないのかもと思ったり。
レビューを読むと、一時期は二万円台で発売されていた様子です。その時買っておけば良かったかも。
しかし、高校時代に入手していたとしたら、勉強そっちのけだったろうなぁ。

ジブラルタル

時間とお金と体力に余裕が合ったらいつか訪れてみたい土地の一つにジブラルタルがあります。
ヨーロッパとアフリカを隔てるジブラルタル海峡の片側。
地中海の入り口、海峡の最も狭い区間は僅か14km。

そんな土地柄、歴史も古く、最後の大戦でこの海峡を通過するのは至難の業だったとか。
文化的にもヨーロッパとアフリカの様々な面が融合されていそうで。
そこまで辿り着けたら、対岸にも勿論渡ってみたく。

Weather ReportというバンドのBlack MarketというアルバムにもGibralterという曲が入っています。
このアルバム自体、後作のHeavy Weatherに比べて地味目ですが、耳に残るフレーズが目白押しで。
しばらく前にYouTubeで観たLive演奏のGibralterは相当カッコ良かったです。
Live演奏はこちらにて

しかし、スペインも色々な事情で治安が宜しくない状況。
行くかどうか別として、ルート検索くらいはしておきたいです。

EW&Fの思い出

earth

モーリス・ホワイトさんが亡くなられたとの訃報が本日。

数年前に亡くなった兄の披露宴は二十五年近く前。
その際、久し振りに再会したもう一人の兄から頂いたのがアルバム「太陽神」でした。
ポータブルのCDプレーヤーで聴かせてもらったランニンという曲が特にカッコ良くて。

それから、EW&F(以降:アース)のアルバムを順番に揃えてきました。
子供の頃から気になっていたあの曲もこの曲も、このバンドだったんだと。

それ以降、カーステでは好んでアースを流していました。
逃げ出したくなるような嫌な場面でも、絶好調で何もかも上手く行っている場面でも、いつもアースが流れていて。
海外の出張で共通の話題に困った場面でも、EW&Fの曲に救われたり。あのアルバム、こっちの曲の方が好きとかって。

2004年の武道館公演、自分も伺っていたんです。
身体が弱っているらしいモーリスの最終公演になるとの噂で。
これが、元気もりもりなステージで、逆に自分の方が元気を頂けてしまったくらいで。
まだまだイケるじゃん!って。

その武道館公演の際、早めに現地入りしてしまった自分は北の丸公園でボケーっとしていたんです。
武道館は防音効果が薄かったようで、リハーサルの音が外までダダ漏れでした。
夕暮れ時の緑の公園に響いた”After love has gone”のサビ、もうこの時点でノックアウトでした。
武道館の建物が鳴っていたんです。

北海道の知人から誘われて伺ったこのLive、最後まで素敵でした。
出不精な自分、一人では伺わなかったと思いますし、その知人もアースが大好きで。
一人だけでは、ここまで楽しめなかったとも思っています。

これ以上のLiveに出逢える機会はもうそうそうないだろうとも思えてしまい。
あれ以来、機会はますます減ってしまいました。
昨年まで十二年暮らしていた千代田区、武道館からは歩いても帰ってこれたのに。

譜面を入手しても、リズム等々トリッキーで自分じゃなかなかコピーできないアースの名曲達。
いつかは一曲くらい。

沢山の思い出、いつもBGMでもあったアース。
そのバンドのリーダー、モーリスの冥福を祈る今宵です。

現代風なラジカセっぽいモノ

20141005

ICレコーダー機能付きのラジオを入手しました。
SONYのICZ-R51というモデルです。
語学学習用に重宝する製品らしく、ステレオ録音も可能です。本体にはステレオマイクまで内蔵されていて、ちょっとした宅録にも使えそうです。

若い世代の方にラジカセ(ラジオカセットの略?)と言っても通じないかもしれません。
ラジオにカセットレコーダーが付いたモノですが、そもそもカセットテープを使う環境が現代にほとんど残っていなく。
価格.comの商品分類ではラジカセがまだ生きている様子ですが、カセットテープが使える製品は僅かです。
自分の中高生の頃は、FMラジオの番組の録音に重宝していました。

自宅に転がっている機材でFMラジオの番組を録音しようとすると、なかなかややこしい状況でした。
自宅のAVアンプにはFMチューナーも搭載されているのですが、それを録音しようとすると、[AVアンプのアナログ出力]→[A/Dインターフェース]→[PC]といった具合。
同時に幾つもの機材を立ち上げる必要がありますし、だいたいタイマー機能がそこに無く。(PCのソフトでは何かあるのかも知れませんが)

要は一台で完結させたく。
現代風なラジカセっぽいモノを探したところ、この商品に辿り着きました。
気になるラジオ番組をSDカードに録音してくれる機材です。
Inter FMで本日から始まるバラカンビートという番組を録音する為に入手しました。

マニュアル無しでも直感的に操作出来るUIはなかなか優れものです。
しかし、肝心のInter FMの感度がイマイチ。この製品に限った問題ではありませんが、Inter FMの受信は厳しめな場面がしばしばです。
窓の外の即席ワイヤーアンテナでは、ややノイジー。
Inter FMの電波は東京タワーから出力されているハズで、自宅からは直線で5kmも無かったと思います。
雨の本日は受信環境の向上向けに、色々試しています。
何だか、中学生の頃の自分を思い出します..。

尾崎豊と友人と

せめて、月に一度は何かを綴らねばで、思い出でも。

尾崎豊の曲を初めて聴いたのは、大学の軽音の地下スタジオ。
 友人T:これからはこれだぜ。
 SUKIYAKI:何だか、不良になった西城秀樹みたいだな。
 友人T:いい曲もあるんだぜ。

二度目に聴いたのは幼馴染み。青学の軽音に出入りする友人Mの部屋。
 友人M:盗んだのは自転車だったらしいぜ。
 SUKIYAKI:興味ないよ。

三度目に聴いたのは某社の現場。
五つ年下の小生意気な同僚Sが深夜の事務所でよく流していました。
 SUKIYAKI:バイクを盗んじゃいけない。
 同僚S:そんなことを言ってるんじゃないですよ。

四度目に聴いたのも某社の現場。自分の方が生意気な若造だったと思います。
叩き上げの上司Yさんが仮眠室にやって来た。
 Yさん:いーづか、悪いけど観たい(追悼)番組あるから音出すぞ。
 SUKIYAKI:どーぞ。
ギター一本で、バラードがしんみり響いていました。

四度目に聴いたのは、ドラマ「北の国から」の再放送。
育った土地を離れようとする淡い場面。
“I love you”率直過ぎる歌詞とメロディーに、泣けました。

五度目からしばらくは、某社の同期の車の中。
ゲレンデを往復する錆だらけの車。オーディオもポンコツながら。
 SUKIYAKI:いつもこればっか流してるけど、”オマリガー”ってどういう意味だよ?
 同期N:”Oh my little girl”だよ。
 SUKIYAKI:なんか染みてくるな。
 同期N:いいだろ?
 SUKIYAKI:どのアルバムに入ってるの?
 同期N:セブンティーンズマップ。

寒い季節は、いまでも時々聴いています。