Forza siのオイル交換



本日はForza siのオイル交換を実施しました。
昨年二月の納車後、初回点検から一年目点検までメンテナンス系は販売店に全て任せていました。
二輪も四輪も、新車で購入した場合は何故か販売店任せにすることが多いです。
新車購入時に無料メンテや格安メンテが保証されていたのもありました。
ど中古のVespaをオークションで落札した際は、徹底的に自分で直したのとは大違いです。

今回交換した部分は主に以下です。
・エンジンオイル(HONDA G2:推奨はもっと安いE1という商品でした)
・オイルフィルター
・オイル廃液側のワッシャー
・ファイナルリダクションオイル(ミッションオイル)
・オイル捨て用の器(段ボール箱で吸収材が入っている)

初めての作業でしたので、サービスマニュアルを読みながら二時間ほど掛かってしまいました。
エンジンオイルとオイルフィルターの交換自体は30分程度だったと思います。
問題だったのかミッションオイル。
ミッションオイルの注ぎ口の口径に合う器を所有しておらず、作業途中で近くの百均にロートを買いに伺ったのですが、それでも口径が合わず。かなり細い先の注ぎ口が必要でした。
仕方なく、スチームアイロンに水を注ぐ小さな器を利用しました。しかし、これを使ってもリアサスペンション等が干渉し、なかなか上手く行かず。
最終的に、リアサスペンションの片側を外したところ、上手く行きました。

しかし、ミッションオイルの交換後にサービスマニュアルを読み返したところ、勘違いに気付きました。
注ぎ口のボルトは一ヵ所。排出用のボルトは二ヵ所ありました。二ヵ所の一つはオイルチェック用のボルトで、入れ過ぎを防ぐためのものでした。
自分はオイルチェック用のボルトだけで排出が可能かと思っていて、やり直しです。交換しきれていなかった様子で。

オイルは1リッター缶を2本用意していました。エンジンオイルとオイルフィルターとミッションオイルの交換でしたら、300mリッターくらい余る計算でしたので、残りギリギリです。
メーカーさんに希望したいのですが、エンジンオイルの交換だけなら、何とか1リッター缶だけで収まるようにしてほしく。(2本目が大量に余るのが惜しく、残ったのを半年後に使用というのも何だか嫌で)
結果的に、丁度2リッター使い切って助かりました。

作業が十月にしては暑めの炎天下で、途中どれほどビールを欲したことか。
しかし、作業後の試運転は必須ですので耐えました。
試運転の結果は、全く問題ありませんでした。振動が少なくなったり回転フィールが滑らかになったり音が静かになったり。といった違いは全くなく。
交換前のエンジンオイルはほんのり濃い色になっていた程度でした。交換前のミッションオイルはぜんぜん汚れていない様子でした。

試運転後のビールはと、とっても美味しかったです。そこで考えました。
年間走行距離が5000km未満であれば、オイル交換は1年に1度で十分かも。(前回の点検時交換から2200km程度の走行距離でした)
外神田で暮らしていた頃のお向かいさんは元白バイ隊員で、意識的にエンジンを高回転まで回す運転を時々していたそうです。エンジン内部のカーボンを飛ばすのに必要と考えられていたそうで。
しかし、オートマチックでマニュアルモードも無いForza siで普通に運転している分に、レッドゾーン近くまで回すことが不可能に近く。
高速道でフル加速に近い運転をした際も、レッドゾーンは程遠く。無理な速度の巡行は風圧で身体も疲れるし、インパネの燃費計も落ちるし、タイヤやベルトは無駄に摩耗するだろうし、良い事無しで。
実際、快適に走れるのは80km/h辺り迄かなぁと自分は思っています。高速であれば100km/h未満。100km/hからの加速力も十分にありますが、無理しているなぁと心身共に感じます。(話が逸れました)

クランクケース内のベルト回りも本日はチェックしようと思ったのですが、3枚目の写真の赤丸で囲んだ箇所のボルトが付いていませんでした。(3ヵ所)
これで二度目になるのですが、納車時もインパネ周りのボルトが無かったり(ETCの取り付けで外されたと思われる箇所)、どうにも信頼しかねる販売店さんの様子です。こんな部分を自分で触るのは初めてでしたし、一年目点検以降、走行時に足元のカタカタ音が気になってはいました。
走行上問題にならない外装部分ではありますが、素人が触らない内部でこんなことがあったら恐ろしく。
納車時の総費用が安い店は、メーカーの看板を出していても危険なのかなぁと思わざるをえなく。
余ったネジに気付いたら、どうしているのだか。

NAVIの地図更新失敗

昨年の3月頃に入手したポータブルNAVI”CN-GP550D”の地図データを更新しようと思ったのですが、何故か上手く行かず。
無償更新がしばらくサービスされるハズで購入したのに「地図更新の有効期限」欄が空っぽ。
何かヒントは無いか、検索したものの何も見つからず。

逆に気になるレビューが色々と。
使用開始から一年少々でタッチパネルが反応しなくなったとの報告がAmazonで散見されていました。
うちのはまだ大丈夫ですが、時間の問題なのかな。利用頻度はそれほど高く無いので、全く元が取れていない状況です。
少なくともここまでは調子良く動作してくれたのですが。
外環自動車道の千葉方面がそろそろ開通する予定だったかで、地図の更新もしたかったのですが。

追記:
メーカーに確認したところ、そもそも無償更新の対象外機種でした。
何処で勘違いしてしまったんだろう。。

Bigスクーターへの偏見

昨日たまたま見掛けたニュース記事で「高速道の自動二輪乗り放題」というのがありました。
制約はありますが、東京から静岡方面の高速道で自動二輪が2日間2500円で乗り放題という内容でした。
これはありがたやと記事のコメント欄を確認したところ、反対意見が多数。理由の多くは危険だからと。
四輪目線ではそうかも知れません。しかし、高速道の自動二輪で事故となると死の危険が四輪に比べて高いので、まともなライダーならば馬鹿な真似はしないかと。

自分は横風くらうだけでも怖いですし、ガソリンやタイヤやベルトの消耗を気にして、制限速度辺りでしか走りません。
無理すると風圧等々で疲れるだけですし。遠方のナンバープレートの大型バイクもパワーは有り余るのに案外ゆっくり走っていて、似たようなものかと。

中には肯定的な意見もありましたが、Bigスクーターは馬鹿なのが多いから駄目みたいな意見もちらほら。
十年前くらいに流行ったど派手な改造のイメージなのでしょうか。当時は自分も似たようなイメージでした。
しかし、これ程便利な乗り物はなかなか無い感です。
シート下にそれなりの荷物を積めて、向かい風にも雨にも強く、楽な運転姿勢で。
今現在のBigスクーター乗りで変な乗り方しているのはほとんど居ないのでは?と思っています。
妙な改造車は乗り難かったり、メンテナンスもまともにしていなそうで、淘汰されてしまったのか。

ともかく、高速道の自動二輪の料金は割に合わないと思っていたので、今回の措置は大歓迎です。

九十九里浜へ

昨日は早朝から単車に乗って九十九里浜へ伺っていました。
目的はただ一つ。ハマグリを喰う。

二時間ほどかけて辿り着いたのですが、金曜日は何と定休日!
余程私に食べられたくないハマグリなのか。

経緯としてはForiza siの慣らし運転で伺った昨年、九十九里浜に来ている旨の写真を某SNSに載せまして、ハマグリの美味しいお店があるとコメント頂いたのがキッカケでした。
しかし、そのコメントに気付いた時には既に数十キロ別の地点に移動していました。
次回伺う際には頂きますと返信。

仕方なく隣のお店で頂きましたが、十分美味しかったものの、日替わり定食にハマグリは含まれておらず。

帰りのルートでちと寄り道。
木更津で最近話題の撮影スポットに寄りました。
江川海岸という場所なのですが、ちゃんとしたカメラを持参しておらず、ちと後悔。
お昼過ぎの撮影でしたが、タイミングの良い夕暮れ時は絵になるらしく。

この季節の房総半島は春を先取り出来て、ちと幸せ味わえました。

ヘッドライトのLED化(その後)


ヘッドライトをLEDに変更し、夜間走行等してみました。
頼りなかった明るさはかなり良くなりました。暗い夜道の走行も不安軽減です。

LED背面のヒートシンクを触ったところ、それなりに高温でしたが、手で触れられる範囲でした。
ラバーブーツで隠れている部分もあったのですが、恐らく問題なさそうです。
高温過ぎると、寿命が縮むそうで。

LEDヘッドライトもデメリットがあるらしく、付着した雪が溶けないとか。
そもそも単車で雪道を走る機会は無いので、これは無問題。雪国の四輪では厳しい面かと。
今回選んだ製品は交換後に光軸のズレもなく、無調整で使えています。
今のところ交換後はメリット多く、オススメの改造かと思っています。

ヘッドライトのLED化

Forza siでヘッドライトをハロゲンからLEDに変更してみました。
ファンレスで3800円のLEDライトですが、選定理由等は前回の記事で無駄に長く綴っています。
ヘッドライトを一度でも交換したことがあるのでしたら、作業時間は一時間未満。
事前にタイラップとしっかり切れるカッターを準備のこと。また、直視できない位置での作業のため、スマホのカメラで状況確認しつつが無難かと思います。
また、交換前の各種撮影もやっておいた方が光軸のズレ等チェックが楽です。

届いた本体。

取説。(ラバーブーツは使わない手順になっている)

本体から留め具を抜き取る。(中心部の切り欠きがミソ)

本体にラバーブーツを嵌め込むが、入りきらない。

ラバーブーツの中央部を1cm前後カットして入りきる。(加工しないと上記の切り欠きに突起が届かない)

この状況で留め具が収まるのを確認。

LEDとハロゲンの比較。

留め具のみ先に嵌める。針金状の固定具は赤丸で囲んだ部分を押しながら半時計方向に回せば外れる。(前回はこれが分からず中断)

固定具を外した状況。

ラバーブーツに組み込んだ本体を留め具に押し込んだところ。ヒートシンクが十分に露出し、ラバーブーツが外枠にもしっかり嵌っていること。
動作確認後はブラブラのコネクターをフレームの何処かにタイラップで固定。

向かって右側のみ交換した状況。日中では明るさに顕著な違いを感じないが、とても白い。また、対向車に迷惑をかけるような眩しさでも無さそう。

両方交換したところ。カットラインが出ているか否かは夜にならないと不明。光軸は元のハロゲンとほとんど変わっていない様子。

【追記】
外が暗くなってきたので、明るさ等のチェック。
壁が近過ぎたのかカットラインの確認は出来ませんでしたが、光軸はズレていなそうです。

交換前のLOW。

交換後のLOW。(撮影状況が異なるので写真では比較になりませんが、実際は相当明るくなっています)

交換前のHIGH。

交換後のHIGH。(撮影状況が異なるので写真では比較になりませんが、実際は相当明るくなっています)

交換後のLOW。

交換後のHIGH。

上記から一時間程経ち、外が真っ暗になった状況では十分な明るさが確認出来ました。
Forza siでの夜間走行は暗さ故の不安さがありましたが、その辺がこれで解消されそうです。消費電力も純正のハロゲンより減り、バッテリーにも優しいかと。
後は耐久性ですが、こればかりは時間が経たないと分からないです。製品の見た目はなかなかしっかりしていました。
また、加工してしまったラバーブーツは2つで千円未満でしたので、万一純正に戻す際も痛手にはならないと思います。

自分が入手したのはこちらの製品でした。

【追記:2017/11/17】
本記事へのアクセスが多い為、追記です。上記記事から8ヵ月経過しましたが、全く問題なく動作しております。
耐久性については、現時点で全く問題ないです。