自宅サーバー沈没の顛末

自宅サーバーが三日間ほど倒れておりました。

理由は自分にあるワケですが、ちょいと言い訳のような文章を。

自宅サーバーにはDebianというLinuxの一種をインストールしておりまして、かれこれ十年近く利用しています。

その間、メジャーなバージョンアップを幾度か経験しておりますが、過去の設定等は全く問題なく引き継がれておりました。

今回は、それが根本的に崩れたようでした。

Lennyへのバージョンアップ、モガいているサーバー管理者さん、世界中に点在していそうな気がします。

今回のバージョンアップは今年の中旬まで遅れるかと思っていました。評価期間が足りなかったのか、期限厳守に走ったのか謎です。

ともかく、アップデートに失敗したThinkPadのサーバーはデータをバックアップし切れていないので、しばらく使っていなかったMac miniを、代替サーバーにしてしまいました。

デザインの変更は後日。ともかく、データの移管と動作確認中です。

ガァ

気になるレンズ


[ 一昨年の宮入 ]
しばらく前から薄っすら気になっていた画像、あれは何mmで撮れていたのか?
自分がここ数年愛用しているレンズは17~50mm辺りをカバーするズームです。(集合写真系の撮影が多いので、広角寄りを多用しています)
神田祭初日の夜、それまで利用していた標準ズームの映りに呆れてしまい、慌てて購入したものでした。
衝動買いではありましたが、いまでも良い選択だったと思っています。
話は戻りまして、気になっていた画像についてです。
一昨年の宮入の場面、ベストショットになった一枚は、はたして何mmで撮っていたのか確認してみました。
34mmでした。
これは素敵な数値です。
短焦点の安くて明るいレンズが使えそうです。
ズームレンズは万能ですが、美味しいところを薄く平べったく伸ばしてしまうモノかと思っています。
生憎、自分の持っている35mmの短焦点はFM2で使っていたマニュアルレンズで、D90では露出計が機能しないようです。
自分の視力はまだ生きているので、マニュアルフォーカスは可能ですが、撮り直しの効かない場面で露出計が機能しないのは致命的。
価格.comで最新の35mmを調べてみたところ、3月に新型が登場するようでした。AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8Gという機種です。
DXフォーマット専用らしく将来性は謎ですけれど、気になる存在です。
見た目はプラスチッキーですが、ちゃんと金属マウントだそうです。
D90を購入する際、それまで利用していたD50よりも画素数が増える点が気になっていました。
画素数が増えるのは一般的に喜ばしいことみたいですけれど、無理に画素数を増やしたような機種は、ノイズ成分が増えるだけとも思えていたからです。
D50とD90を比較したところ、無駄に画素数を増やしていない点と、高感度に強くなった点に魅力を感じました。
実際、D50の画素数は、引き伸ばしに辛かったりしました。(Homepageに載せる程度では違いが無いと思っていますが)
ともかく、D90に短焦点の35mm、宮入場面の撮影には頼もしい機材になりそうです。
ガァ

餅つきでした(KIDAさん編)


[ ほとんど神田祭な掛け声 ]
餅つきにて昼真っから酔っ払ってしまい、最後の辺りは部屋で寝てしまっておりました。
D90で試しに動画を撮影してみたものの、設定がよくわからず、イマイチな映像。
Youtubeに載せたところ、更に劣化が激しいようで。
使い方を分かっていない自分に問題がありそうです。
昨年の雪に比べると、とっても暖かい一日。とにかく楽しめました。
ガァ

盆踊りに対して失礼ながら


[ ヤグラの上 ]
昨夜の飲み会で、こんな話題がありました。
 Hさん: 町の婦人部って大変よね
 SUKIYAKI: 盆踊りでなんて、シュールですよね
 Hさん: ?
 SUKIYAKI: だって、ヤグラの上で踊っている婦人、無表情じゃないですか
 その場の皆さん: あはは
 SUKIYAKI: ミッドナイト・エクスプレスって映画(不健全とも思われる作品ですが)のグルグル周る場面とか思い出しちゃうんですよ
 SUKIYAKI: フォークダンスみたいに笑顔で楽しめないものなんでしょうかね?(盆踊りといえば、こんな映画もあったなぁ)
 Hさん: フォークダンス、楽しいよね!
自分が最後にフォークダンスを踊ったのは、高校時代の学園祭の後夜祭でした。
当時、ギリギリでしたが学区内で一番の進学校(といっても田舎の話)に通っていたので、馬鹿が許されるのはその夜までだったのです。
手を繋げられながらも、好きな子に気の利いた一言も言い出なかった自分、当時の自分に馬鹿野郎と伝えてやりたいです。
ガァ

臼を直す


[ 臼の修理中 ]
本日はお昼から近くの町会さんの餅つき大会に参加しました。
参加といっても、自分は食べて呑むだけ。(時々写真も撮りました)
お雑煮、とっても美味しかったです。
その後、我が町会の餅つき大会に向けた臼の修理作業。
集まったメンバーの大半は、既に酔っ払いな様子。(自分も含めまして)
年季の入った臼には大きな亀裂が入っており、本体を縛って鎹(カスガイ:ホッチキスの歯の巨大版)を打つ作業に集中。
こういった準備作業が、自分はけっこう好きでして、終始笑ってばかりでした。

[ ブラックジャックと名付けました ]
作業の後半、試しに臼へ水を入れてみると、これがなかなか溜まらず。
臼として機能してくれれば、それでいいのかと思います。
ガァ

事実を受け入れるということ


[ 一番右のカメラ目線 ]
数年前、出張帰りの新幹線でのことでした。
夕暮れの車窓に映る我が姿に考えさせられました。
ずいぶん、老けたもんだなぁと。
色々と表情を変えてみたものの、どうやっても十年前の姿には戻れず。
途中で面倒臭くなって、そのままビールに流され寝てしまいました。
数年前のこと、仲の良かった女性に不意打ちの素顔を撮られ、考えさせられました。
 SUKIYAKI: 随分、締まりの無い面してるなぁ
 撮影者: いつもそんなじゃない
ガァ
先々週のこと、町会の新年会で久し振りに不意打ちを撮られ、半分諦めました。
やはり、だらしない笑顔がデフォルトになっていたんだなぁと。
しかし、問題は表情だけで無かったようです。
数日前、職場のトイレで気付きました。
顔の寝癖が午後になっても直っていない。
事実を受け入れようと悟りました。
これがデフォルトなんだと。
ガァ