肝心なところが抜けている

ここ数ヶ月、様々なマニュアル書を読み通しています。
手順がそれなりに綴られているマニュアルなのですが、実際にその対象に触れてみないと何故?な部分が。
「そんなの常識」ベースで綴られているのが、どうやら問題なのかと思っています。
しかし、第三者が読んで理解に苦しむ部分が点在。読者の対象によっては通じるのだと思いますが、その通じる人達にそのマニュアルはそもそも不要そうで。
これでは対象の不明なマニュアルだよなぁと。

以前の仕事で関わった講演会の話を思い出しました。
料理の手順を例にした話です。小さな娘さんが母親に尋ねました。
「どうして、七面鳥の頭と尻尾を切る必要があるの?」
母親は答えられず、その母親に尋ねてみても曖昧な回答。更にその母親に尋ねて明確な回答が。
「そうしないと、うちの小さなオーブンには七面鳥が入らなかったから」

某企業の生産管理系の講演会で聴いた話題でしたが、検索したところかなり有名だったらしく。

同じ仕事を長く続けていたりすると、その肝心な部分の説明が抜けていたりします。
以前の仕事で、十年ぶりくらいに職場に戻ってくるらしい方の前評判は上々で、噂では女性に対しての誉め言葉が並んでいて。温和でおしとやかな女性のイメージでした。
その方の初出社で度肝を抜かれました。出社されたのは自分と同年代のまろやかそうなオッサン。

大笑いしながら総務の女性に近寄りました。
「自分、女性の方だと勝手に信じ込んでいたんですよ!」

その場に居た一同は大笑いでしたが、「女性」だという補足はそれまでの会話で一度も無く。
総務の女性は知性や教養のある方で、優しいフォローが。
「歴史上の人物でも当時は周知の事実だったから、何百年も経ったら男だったのか女だったのか分からないのが居るそうよ」と。

小野妹子については「男だった」と小学生の頃に習っていたので、その名前による誤解は無かったです。
高校時代に現代文で知った中原中也については、教科書に載っていた代表的な写真が中性的で「こいつはどっちだ?」と友人とも話題になったなぁと。

話がかなり飛びましたが、技術系のマニュアル書で肝心な部分が抜けているのは、致命的な問題を生んでしまうと思ったりです。

文章力の無い人

自分のことを棚に上げた記事です。
多分、自分がBlogに綴ってきた記事も突っ込みどころ満載かと思っています。最近は読み直しもロクにせず投稿している傾向で、老眼も手伝い誤字脱字は増える一方かと。

インターネットやSNSが広まったお陰で、誰でも自分の文章を公の場に載せられる時代。
この場面でも中には酷い文章なのが見受けられたりです。内容が酷いのではなく、文章そのものが酷く。
以前に読んだ文章の書き方についての参考書では「美文の評価は人それぞれだけれど、悪文は一目瞭然」といった表現がありました。
悪文とは主語がどれなのか分かり難かったり、修飾語がどの部分に対してなのか分かり難かったり。ともかく、読んでいても不愉快になる作りというか、何を伝えたいのか分かり難いというか。
メッセンジャーなアプリ等の短文では粗が出難かったっりですが、それさえも何を言おうとしているのかよく分からない方も居て。

仕事上でも酷い文章に遭遇する場面がたまにあります。
比較的教養のある方はまず大丈夫なのですが、教養も低く文章を読む機会も書く機会も少なかった一部の方の文章はかなり残念で。
この残念な方の場合、会話の内容自体知性の欠片さえ無かったり、当たり前の見解しか無かったり。「砂糖は甘い」「塩はしょっぱい」的な話を永遠に聞かされて楽しいワケ無く。
話題そのものが新鮮だったり、あまり知られていない事象であったり、ありきたりの話題でも独自の見解だったりが面白いハズで。ちょっとズレてるくらいの方が個人的には好みです。

高学歴の人が面白い文章を書くのか?といったら、必ずしもそうでも無いですし。単なる暗記力だけでやり過ごしてきた方も実際に居て。
世間的な低学歴でも凄い人は居ました。池波正太郎さんは小学校しか卒業していなく。ただ、池波正太郎さんは若い頃に沢山の文学や演劇や文化に触れてきて、才能を開花させるキッカケやそれに対する興味はあったんだろうなぁと。

自分は学生時代の国語の評価が周りより低い方でした。平均以下で足を引っ張る科目の一つでした。
現代文を読む速度がともかく遅くて。興味の無い話題の作品とか、それが読んでいてつまらないと絶望的な速度です。(漱石の「こころ」については前半がかなり厳しかったですが、後半はどうして?で一気に読めたり)
漢字を覚えるのも苦手で、読めるけれど書けないのは未だ続いています。パソコンが普及したお陰で、助かった部分の一つが漢字変換だったりです。
ただ、何故か作文では評価頂けた機会が幾度かありました。なので、書くこと自体は嫌いでは無く。

しかし、社会人になってから要求された文章力は別物で、大きな金額の購入稟議を初めて綴った際は上司からの徹底的な指導が入りました。二十代前半のことでした。
最初はボロカスに言われました。「こんなの日本語じゃない」とか。ただ、自分はかなり信頼を置いていた上司でしたし、厳しい中にも愛情の伝わる上司でした。
あの矯正された経験で、その後の仕事で恥をかく機会も少なく。

身の回りであったことなのですが、三十代手前の社会人の文章力がかなり足りていない状況です。それでこの記事を綴っています。
前途の悪い条件が全て当て嵌まるパターンで、何とかしてあげたいなぁと思いつつも人柄にも難点があり、自分が何かしたところで恐らく余計なお世話になるだろうなぁと。
誰が読んでも面白い短めの名作でも紹介してあげられたらなぁくらいには思っているのですが、恐らく興味もないだろうな。
その方は書類の書き直しを何度も迫られている状況なのですが、文章力の足りなさに恥ずかしさを感じているのかも分からないです。上司の指導による伸びしろがあるのかも分からないです。
周りの方とその話題になった際は「あの歳であの文章力はちょっとなぁ」となってしまい。

まぁ、未経験だったのだから仕方がない部分というのは色々とあるかと思います。
それでも、社会人としての文章力は二十代前半くらいに鍛えておくべきでしょうか。

やはり気付く機会があったかどうかでしょうか。名文に感動した機会があったか。
自分の場合は、とくに高校時代に仲の良かった友人達と本の貸し借りが多く。「おまえこれ読んどけ!」と渡された作品に発見が多く。
五木寛之さんの「青年は荒野をめざす」を紹介されたのは学校祭のステージでラッパを吹いた後でした。
五木寛之さんの作品に初めて触れたのがソレで、自分にはなかなか斬新でした。当時の自分は高校二年生。作品に登場した主人公はプロを目指すラッパ吹きで高校を卒業したばかり。
しかし、その主人公は自分よりもよほどマセていて独立心があって、たまたまの出逢いのエロな場面に身を任せ。
当時、女性を知らなかった自分には未経験の世界、海外の旅も含めて未知なる世界。好奇心が掻き立てられ。
そんな作品の感想を語り合うのも楽しく、放課後の高校の図書館は憩いの場でした。
恵まれた環境だったと思います。

また面白そうな作品を探したり、感銘を受けた作品を読み返したりしたいと思いつつ、進む老眼が手元の文字を遠ざけて。
若いっていいよなぁ。

夢の無い話

頭から夢の無い話と断っておきます。
「老後の貯金が二千万円必要」という最近のニュースについてです。金融庁の発表に政府が否定している状況です。

老後の貯金については、自分でもけっこう前から意識していて。このまま一人暮らしだったとしても少なくとも二千万円は必要だよなぁくらいに思っていました。
このままの仕事っぷりで受け取れる年金額では、相当切り詰めた生活をしないと老後は毎月赤字になってしまうからです。
自分の場合は基本的に厚生年金を納め続けてきましたが、無職の期間も幾度かあり、国民年金を納めてきた期間も数年分あります。
これが仮に国民年金だけ納め続けてきた場合、受け取れる年金額が恐ろしく低く。国民年金は自営業向けの年金という位置付けだったとしたら、リタイアするまでにしっかり溜め込むか、死ぬまで働くかのどちらかかと思います。

話を戻しますが、一人暮らしでも最低二千万円が必要には条件があって、厚生年金にずっと加入していて、ローンを完済した持ち家もあっての前提です。その持ち家も比較的安めな家です。
というのも、無駄に高価な家ですと固定資産税も大きく、下手をしたら借家の方が有利かも知れず。古くて大きな家ですと修繕費も馬鹿にならず、床の抜けた家で暮らすパターンもあったりするそうです。

理想的な世帯ですと、老後には子育ても終わっていて、老夫婦二人が暮らす古い家が残っていて、住宅ローンも完済していて、厚生年金も払い続けていて。退職金もしっかり頂いていて。まだ条件はあるかな?
子供の養育費はもう掛からないのでしょうけれど、中には就学に必要だったローンを払い続けている人とか、家のローンが残っている人とかも居るんだろうなぁと。
運が悪いと子供が引き籠ってしまって、逆に自分の年金を当てにされるパターンもありそうです。特に氷河期世代の子供を抱える方は。
ともかく、理想的な世帯ですと老後に辿り着くまでの条件が独身よりも複雑そうです。

なので、独身のままの自分はまだ計算が楽そうです。そして自分はしばらく前まで無職だったので収入が無く、せっかく貯めた貯金を崩す月々でした。(下手に貯金があったから再就職が遅れた面も否定出来ません)
お陰で、老後の生活のシミュレートも出来たりでした。シミュレートというより実体験ですけれど。
無職であっても税金関連の出費は容赦無かったです。国民年金、国民健康保険、住民税、固定資産税の出費だけで毎月けっこうな額で。
ただし、前年度の収入ベースで支払額が決まるシステムなので、無職二年目は減額されたり支払う必要が無かったりもありました。それでも安くは無かったです。
定年退職後の出費の知識を持たなかった人は、その直後の税金の多さに驚かれるかなぁと思ったりです。
年金の徴収もある年齢までだったハズですが、それが幾つまでだったかは自分もちゃんと覚えておらず。現在は60歳までだったかな?(ちゃんと調べておく必要あり)

大雑把な計算しかしていませんが、自分の場合は老後に頂ける年金ベースですと、それだけで暮らすのは難しそうです。酒も煙草も止められたら何とかなるのかな?な感じでしょうか。
現在の仕事は60歳の定年か65歳までの定年延長が選べられるそうです。後者を選択した場合は58歳の時点で減額されるそうです。
その辺の選択もどうするべきか考えておかねばな年齢に自分はなっていて、遠い出口では無く。

老後の二千万円については「ずいぶん低く見積もったなぁ」というのが率直な感想で、それに対して火消に躍起だったり、攻撃してきたりする国会のニュースが「何だかなぁ」と思えていたり。この問題を先送りしてしまったら、益々酷い状況に陥りそうで。
あと、年金受給額の推移も確認しておいた方が良いかも知れません。恐らく上がる見込みなど無く、既に下がり続けている様子ですし。
将来自分が頂ける額については、50歳の時点で届く通知である程度予想がつくそうですけれど、これもどれだけ当てになるのか不明です。考えだしたらキリの無い将来です。
仮に予想通りの年金を将来頂けたとしても、その時点で物価が倍に上がっていたら、どーにもならん!でしょうネ。

いま個人で出来ること。これを考えると切り詰めた生活を先取りして老後の蓄えに回すことくらいでしょうか。これでは益々景気が悪くなりそうです。でも、その方が物価も上がり難く、将来的には良いのかな?
これでは何とも救いようのない〆めである。

ともかく、定年までにしっかり貯めねば。

プリウス

以前の仕事でプリウスのハンドルをたまに握っていました。
初めてプリウスを運転した際は、始動のしかたも分からず、駐車場から車を出すまでにやたらと時間が掛かりました。
HV車の停車時は基本的にエンジンが止まっているようで、車種によっては発進からしばらくはモーター駆動だけだったりで、始動=エンジンが回っているという古い考え方では違和感が。
HV車というと燃費が売りで、その他の性能は色々と犠牲にしているイメージがあったのですが、実際に運転してみると目から鱗でした。
まず、発進時の加速が力強く、その後の加速もアクセルを踏み込んだ以上の加速力。
以前に合衆国で大排気量の車を借りた際、低回転から溢れるトルク感に感動したものでした。それに近い感覚です。
ターボとかで馬力を稼ぐ小排気量なエンジンは、エンジンの回転数がある程度上がらないとその効果も発揮されず、低回転から力がモリモリ湧いてくるプリウスは大排気量車に近い感覚で。
HVを売りにする車は皆そんな感じなのかな?と思ったりでしたが、その後にハンドルを握ったHV車のアクアは特に目立った力強さなど無かった感です。排気量相応の加速感というか。

昨今の高齢者ドライバーの事故でプリウスが矢面に立たされる機会が多い様子です。先入観でしかないのですが、一度貼られたレッテルは簡単に剥がれず。
交差点等で大きな事故が発生したら、また高齢者か?と先走った考えになるように、またプリウスか?で。
プリウス自体、運転が楽でドライバーは運転による疲れも少なく、良く出来た車だと自分は思っています。
しかし、踏み込む必要のほとんど無いアクセルとブレーキを踏み間違えたら、恐ろしい加速を生むだろうなぁと。
Twitterにもちと呟いたのですが、加速の鈍いシルバー・モードみたいなのが必要なのかも知れません。パワーを抑える方向のチューニングなら、メーカーも対応しやすいでしょうし。

自家用車を持たない生活が自分は十年以上続いています。一人暮らしで公共交通にも恵まれた都内で駐車場も持っていなければ、無くてもほとんど不自由しなく。
あったら便利だなぁとたまに思うこともありますが、滅多に無いレジャーか買い物の時くらいです。
過去に都内で車も単車も所有していた頃は、そのどちらも月に一度か二度運転する程度でした。全く乗らなくても税金や保険は掛かるものですし、無駄の見本というか。
次に車を所有する場面があったとしたら、それは宝くじに当たった時か、郊外に引越した時くらいしか思い浮かびません。
現実的には郊外に引越した時になるのですが、じゃぁその時どんな車を買うんだろう?と空想したりです。
多分、HV車は買わないと思います。小さなバッテリーでエンジンの力を少しだけ補助するモーターを備えた「なんちゃってHV」みたいなのは候補になるかも知れませんが。
というのも、本格的なHV車は大容量のバッテリーを積んだり云々で、エンジンだけが動力の車よりどうしても割高になってしまうし、その差額をランニングコストで吸収出来そうも無いからです。
差額が十万円未満くらいの「なんちゃってHV」ならまだ許せるかなぁと。
だいたい、バッテリーも使用できる期限があり、大容量のバッテリーの交換は相当な額になるようで。(昔に比べたら安くなったそうですが)

でも、十年後はHV車はおろか電気自動車がもう一般的になっているのかも知れず。そうなると選択肢もずいぶん変わってきそうです。

迷惑メールの整理

迷惑メールの整理に励む数週間です。
ほとんどは、メリットを感じないメールマガジン系です。ある時から、自動で迷惑メールのフォルダーに振り分けるようにしていました。
しかし、これが毎日毎週けっこうな量になってきたもので、配信停止希望をし始めていました。
しっかりしたサイトのメールマガジンですと、配信停止希望もちゃんと受け付けてくれます。怪しいサイト系のメールマガジンですと、配信停止を希望すると、逆に「生きてるメールアドレス」として更新されてしまう様で、似たような怪しいサイトからの幾つものメールを呼び込んでしまいそうで放置。

しかし、しっかりしたサイトであっても、配信停止の設定までが難儀なのも幾つかありました。元々会員だったサイトのユーザー名や暗証番号を忘れてしまい、その再発行も出来ずにどうにもならないパターンとか。
そういった場合、サイトの管理者とか窓口に直接配信停止希望で何とかなったり。
しかし、簡単に配信停止が出来ない「作り」なのは企業イメージも損なう感です。

友人の中にはIT系で頑張っているのも何人か居ますし、中にはメールマガジンの原稿を綴っているのも居たりです。なるべく、独自性のある話題を綴ってもらいたいです。
単なる宣伝だけなのは、余程なお買い得情報でないと無意味ですし「こんなこと書いちゃって大丈夫かよ?」な文章ですと、面白いと思うのですが。

とりあえず、ゴミメールもだいぶ減り、スッキリしているこの頃です。
ISDN以前のアナログモデムの時代は回線速度も遅く、あまりにもつまらない情報に対して「トラフィックの無駄だ!」と怒る人は結構居たよなぁとか思いつつ。
無駄に重たい画像が多いHomepageに対しても、そんな評価が多かったなぁと。

実際、ネットで知り合った方から誘われ観に行ったHomepageでは、トップページで何かのダウンロードに数分間待たされた挙句、突然大音量の生音が鳴り出し、それも理解に苦しむ環境音のようなピアノの生演奏。圧縮もされていない生音は(当時の感覚で)とてつもない容量でした。
感想を求められ「吐き気を催す」と返信したところ、その後二度と連絡は無かったです。
あれは言い過ぎたかなと今更ながら(少し)反省しています。

Superdry 極度乾燥(しなさい)

妙なタイトルです。今朝の通勤電車で海外からの旅行客らしき方がこのタイトルのロゴ入り鞄を誇らしく掲げていました。
思わず二度見。

何故にこのような妙な日本語の鞄が世の中に生まれてしまったのか、この旅行客はそれを理解しているのかと、色々と考えてしまいつつ手持ちのスマホで検索してみることに。
これがまた驚きでした。英国発祥の世界的な人気アパレルブランドだそうでした。(こちらのサイトが詳しく、自分もほとんど同じことを考えてしまいました)

過去の海外旅行でも妙な日本語に色々遭遇したのですが、上記よりはマシだった記憶です。
その件をTwitterに綴ったところ、正規輸入をされている販売店さんからツッコミを入れられたりで。「あなたの英語のシャツは大丈夫ですか⁉️笑われてますよ😰」等。
まぁ少しはそんなのもあるかとは思います。80年代に単車乗りの憧れだったイエローコーンのジャケットも典型的な変な英語の例でしたし。

しかし、この無機質に突き刺さる日本語、二十年前の機械翻訳に通じる部分もあるよなぁと。とりあえず大意は掴めるけれど、ネイティブはそんな言葉絶対に使わないだろうなぁと。
無機質さと不条理さの先にはクールさもあるのかも知れません。結果的に日本でも流行る可能性はありそうで。
しかし、デザインやファッションの世界で斬新過ぎるのは、それを着こなすのに相当な勇気が必要かと思います。数十年前のCMでしたが、世界で初めて現代風の傘をさした人は変人扱いされたそうですし。
今の時点で日本人の自分が「Superdry 極度乾燥(しなさい)」のTシャツを着たら自分を知らない周りはきっとこう思うでしょう。

日本かぶれな謎のアジア人旅行者。片言の日本語くらいは通用しそうだ。

今週の出来事

今週のほぼどうでも良い出来事の記録です。最近こんな流れが多く。
SMBCのキャッシュカードとクレジットカードのVISAが合体したカードが数日前に到着しました。
既に所有していたクレジットカード側の暗証番号がワケの分からぬ状況になっていたので、希望の番号に変更依頼したところ、カードもろとも交換となりました。手数料は取られてしまうのか不明です。
大昔に使っていた暗証番号が判明しやすい番号だったので、過去の自動更新時に勝手に変更されたのかと思われます。
新しいカードは見た目も含めて違いがほとんどありませんでした。しかし、希望の暗証番号に変更されたのか確認手段が無く。試しに近くのコンビニでキャッシングしてみようかと思ったりでしたが、借金自体が嫌いな自分としては使えませんでした。
ただ、暗証番号の入力までは上手く行ったので、書き換わったと判断していいのかな?
SMBCのWebサイトから確認する方法もあるようですが、結果は郵送らしく。カード会社に手間を掛けさせるのは申し訳なくもあり。(一ヵ月程前にそれを使って変な暗証番号だと分かったばかりでしたし)

あと、お財布についてです。
しばらく前に入手した薄目のお財布というかマネークリップ兼カード入れ、これに定期券を入れているのですが、このお財布に定期を入れたままでは改札が読み取ってくれず。
仕方ないので改札を通過する度に定期券のPASMOを毎度取り出していました。
この作業が毎度面倒臭く、何らかの対応が必要だなぁと。
しばらく前に入手した新しいスマホとそれ用のソフトケース。そのケースに貼り付けられるカードポケットも入手してみたのですが、これもPASOMOを入れた状態では認識率が低く。
混んだ出口側の改札で読み取りエラーとか、後ろに並んでいる方には迷惑この上なく。
解決策として、手帳タイプのスマホケースを入手してみました。

結果的にはこの手帳型スマホケースにPASMOを入れるのが一番具合良かったです。手帳の蓋側にカードポケットが3つあり、そこにPASMOと他のカードを入れてみました。
スキミング防止製品らしく、蓋を開けないとカードは読み取り出来ないのですが、蓋さえ開ければ百発百中でPASMOを読み取ってくれます。
また、肝心のスマホの背面にある電子マネー機能もしっかり読み取ってくれて。
当面コレで落ち着きそうです。ほんと、スマホのケース選びは毎度悩めるところで、安いモノを幾つも入手してしまう傾向があり。

他にも何か綴れる話題があったような。
そうだ、健康診断の件だ。
今年の一月に急遽決まった再就職で必要となった健康診断、簡易検査な内容でしたが血圧が以前より上がっており、その場でもう一度測り直しとなり。
二度目は何故か安全圏に収まったのですが、それでもやや高めでした。
そして、新しい職場で最初の健康診断が今週ありました。気になっていた血圧はやや高めだったものの正常範囲でした。前回よりもマシです。
塩分控えめの食生活は少し意識していました。ラーメン二郎の回数を減らしたり、麺類のスープを飲み干さなかったり。あと、仕事でも外の点検作業が多く、平日は毎日一万歩前後歩いていて、以前より筋肉質になりました。
実際、ウエストも5㎝は縮んだ様子です。
それよりも何よりも、冬の時期の健康診断が初めての体験だったので、これが血圧を上げた一番の要因だったのかと思えてしまい。
だったとすると、健康診断は暖かい季節に受けた方が良好な結果を生みそうです。しかし、冬場に血圧が高かったのも事実ですし、知っていて損は無さそうですし。
そういえば、冬の健康診断後に入手した安い血圧計、最近ほとんど使っていないなぁ。これも血圧が高めに表示される傾向でした。

健康診断の結果は十日後くらいに郵送されるそうです。以前の職場では診断当日に頂けていたのですが、今回の診療所は設備が整っていないのかな。
立石の診療所、まぁ手際は良い流れでした。九時頃に開始で十時半には終了で。終了時に受付で質問をしていたオッサンが素敵でした。
「帰りに酒飲んでも大丈夫かい?」と。まだ十時半ですが、立石は日本でも有名なセンベロの街でもあり、平日の昼間っから酔っ払いは普通の光景。
自分の方は毎度の悪夢が待っていました。バリウムの後はとにかく胃腸の調子が悪くて。バリウムに問題があるのか、その後の下剤に問題があるのか謎ですが、二日間は調子悪くて。
健康診断は、その後に毎度こんな感じなのでどうにも好きになれません。
今回はその点を考慮して金曜日の受診を希望していたのですが、日程調整が上手く行かずに水曜日。翌木曜日の普段の仕事は内勤の研修で助かった感でした。
あとは、血圧以外の項目がどうなっていたのかちと気になるところです。