情報の一人歩き

三日続いて先日の事故の件です。
自分がTwitterに載せた画像が元で事故物件サイトにて全く関係ない建て替え中のアパートが地図上にマークされてしまいました。
これは久し振りに驚きました。
それ、ぜんぜん関係ない物件だし見当違いの風評被害になってしまうし、ともかくサイト管理者さんにメールを送りました。
結果的に一時間ほど後に記事毎削除頂けたのですが、メールの返信は数時間経っても頂けていません。
まぁ、消して頂くのが目的だったので、それで十分ではありますが。
しかし、びっくりした。

流れとしてはこんな感じでした。
日曜の昼過ぎに単車を庭から歩道に出したところで、いつも進む方向に規制線が張られていた。
それが珍しかったのでスマホで撮影し、Twitterに画像付きで投稿。「何事であろうか?」と。
反対方向に進めば規制線に引っ掛からないだろうと単車をUターンさせようとしたところお巡りさんから「この辺りは全部規制線に囲まれているので、いま外します」とのこと。
事件だったそうですが詳細は教えてくれず、そのまま高島平方面の名物な焼きそば屋さんへ。
三時間ほど後に帰宅したところ地域の規制線は外されていたものの、数ヵ月前に立ったばかりで入居者もやっと埋まったアパートが規制線で囲まれていて。
自宅隣の床屋さんのご主人に聴いてみると「ガスの事故で二人が亡くなった」と。二階の窓ガラスを割って救出に入ったと。地域でも色々と噂が飛び交っていました。
その辺のことをTwitterに短時間掲載して消去。(最初の写真付きの何事であろうか?なTweetはそのまま残す)
翌日には産経新聞さんにより「親子の心中だった」らしき小さな記事。
Web上のニュース記事にも載ったので、あらためて記事をリンク付きでTweet。コメントも頂いたり。
今日の午後に、事故物件サイトで自分の載せた写真とTweetが引用されたカタチで全く関係無い建替え中のアパートが事故物件として地図上にマークされる。(アチャー!)
写真に写っていた規制線の先には建設中のアパートが僅かに写っていて、これがヤグラに囲まれて青いネットに覆われていたので勘違いされたのかな?と。
ともかくサイト管理者さんへ削除依頼のメールと、コメント欄には「本件とは全く関係の無い地図のマーク」の旨投稿。
自分の関連しているTweetは全て削除したものの、上記サイトで引用された自分のTweetは消えず。(アチャー!)
一時間後に、事故物件サイトから該当の記事丸ごと削除される。
あぁ、良かった。

事故物件サイトには半日ほど載っていたと思われる情報なのですが、おっかないなぁと。
管理人さんが載せた記事なのか、誰かが投稿した記事なのか分かりませんが、裏を取っていなくて。
逆に、たまたま事故のあった物件の写真を何も知らずに自分が載せていたら、削除依頼も通用しなかったのかも知れず。後から知ったのですが、自分が写真を撮ったタイミングでは数百メートル四方の道路が規制線で囲まれていたそうです。
大島てるさんの事故物件サイトは以前から存じていて、このマンションを購入した際も参考にはしていました。似たようなサイトが他にもあったんだなぁと。
しかし、事実としても地図上にマークされた物件は瑕疵扱いで、その後は特に大家さんが色々と大変なようです。
それが事実で無ければ見当違いな風評被害でしか無く。勿論そんな情報に加担したくなく。
だいたい、事故のあった新築物件も誤解された建設中の物件も、Webの地図上にもストリートビュー上にもまだ存在すらしていないのに。

自分が最初に載せた写真付きのTweetに好奇心が全く無かったワケではありません。
しかし、こんなことになるとは全く想像しておらず。
以後、気を付けねばと大きな教訓になりました。

お隣さん

昨日の二軒隣りの事故で、ご近所さん達も動揺されている状況です。
当日よりも翌日の方が警察の車両も目立っていた感で。尤も、自分は当日の一番騒がしかった時間帯にその場に居なかったのですけれど。

お隣の一軒家は現在お婆ちゃんが一人暮らしで、徒歩数分の場所に娘さん夫婦とお孫さん達が暮らしています。
去年までは皆さんお隣の一軒家で暮らしていたのですが、広い庭まで陽当たりの良い一軒家を娘さん夫婦が見つけたそうで。
お婆ちゃんはいつも腰が低くて言葉遣いも丁寧で。三年前に自分が引っ越してきたとき、挨拶を兼ねて図書カードを持参したりで。
その年の暮は、庭で実った柚子を頂けたりで。普段はシャワーしか使っていない自分、大晦日の夜はバスタブに柚子を浮かべたり。

そのお隣さん、夜になると日付が変わる時間くらいまでだいたい灯りがついているんです。自分が煙草を頂くのはベランダで、お婆ちゃんは今日も無事だなぁと。
「だいたい」というのは、稀に真っ暗な夜もあるもので。これはちと心配でもあるのですが、数日以内にまた灯りがついていてちとホッとしたり。
その後歩道でお会いすると「電気が消えていたんで、ちょっと心配していたんですよ」なんて会話も。
お泊りの人間ドッグに行っていたとか、娘さん宅に泊まっていたとかだそうで。
「何かあったら大声出してくれたら直ぐに飛んでいきますから」なんて冗談も交えたり。
遠くの身内より近くの他人な場面って自分も色々経験していて。引越す前の環境では、酷い風邪で寝込んでいたら鍋焼きうどんを差し入れに頂けた経験とか忘れられず。

そのお隣さん、二晩続けて電気が消えたままなんです。昨日の事故がよっぽど堪えたのかなぁと。
娘さん夫婦のご自宅は駅まで続く細い道に面していて、いつでも挨拶は出来るので、日が明けたらちょっと玄関まで伺ってみるべきかなぁと。

道を隔てたご近所さん達も、動揺している様子でした。
ニュース記事は目立たなく、何があったのかよく分かっていない状況でしたし、集まっているところで「こんな記事がありました」と伝えたり。
まぁ、余計なお世話だったのかもしれませんが、少なくとも憎しみ合って亡くなられた二人ではないだろうと。

事故の背景なんて分からないですし、息子の自殺を通報した母親も追うように自殺した流れも謎ではあります。
今年建ったばかりのアパートは若者向けの広くない作りで、そこで四十代と二十代の母子が暮らしていて。
二人の発見が遅れてしまったら、抜け殻(亡骸という言葉は使いたくなく)も部屋も必要以上に傷んでしまったのかと。せめてそれは避けたかったのかなぁと。
勝手にそんなことを思う今宵でした。

この地域でもう少し長く暮らしていたら、何か別の選択肢もあったのではないかなぁと思っています。
お隣さんどうし、もう少し信じられたのかもしれなくて。
冷え込む今宵、お月さんはまん丸に近く。

物騒である

お昼過ぎに単車を引っ張り出し、久し振りに高島平まで焼きそばを頂きに。あぺたいとさんの焼きそば、自分は時々無性に恋しくなりまして。
単車を押してマンション前の道路まで出てみると、そこら中が規制線でお巡りさんもちらほら。
いつも進む方向が駄目なら逆方向に進もうと思っていたらお巡りさんが近寄ってきて「ここら辺全部囲まれているので、いま開けます」とのこと。
「事故ですか?」と聴いてみるとそうらしいのですが、詳しくは教えて頂けず。

あぺたいとで頂いたビッグのサイズはこんなに大きかったか?と疑う量。最初から尻込みで、残してしまいそうな罪悪感。
これを何とか平らげ、外で一呼吸。直ぐにヘルメットを被ると恐ろしいことになりかねず、しばらく高島平を散歩してから帰路へ。

自宅へ戻ってみると、二軒隣りのアパートが規制線で囲まれていました。他の道路は平常通り。
お隣の床屋さんの御主人がお店の前に丁度いらっしゃったので聞いてみました。
 SUKIYAKI:何だったんでしょうかね?
 ご主人:ガスの事故で二人亡くなられたらしいんだ。
 SUKIYAKI:爆発しなくてまだ良かったですね。。
 ご主人:うん。救出までえらい騒ぎで、二階のあのガラス窓割って入ったんだよ。
 SUKIYAKI:あらら。

そんな会話でした。他のご近所さんからも聴いたのですが、どうやら自殺っぽいそうで。実際のところはお巡りさんも口を閉じたままだったそうですが。
一階の住民がガス臭いと通報し、ガス会社、警察、消防と集まったらしく。
現代のガスではガス自殺など出来ないと何かで読んだ記憶です。何処まで本当か知りませんが、ガスには毒になる成分が入っていないし、窒息する前に何かに引火して爆発してしまうイメージでした。
実際どうなのか知りませんけれど、ガス中毒で二人は亡くなられたとの話でした。燃料用のガスでは無くて練炭とかの燃焼後の一酸化炭素中毒なら分かるのですが。
一階の窓は全開状況で、時折住人さんが顔を出していたり。巻き添えくわなくて良かったよなぁと。

このアパートは今年建ったばかりで、夏頃にようやく入居者が埋まった様な状況でした。入居者はほとんどが若者だった様子で。
この一帯はもう十年以上前から住宅で占められていて、居住者の平均年齢もけっこう高めな様子です。どちらかというとお年寄りが目立っていて。
この新しいアパートで、平均年齢が少し下がったかなぁなんて思っていました。
アパートに出入りしている中には、若い二人組の女性も居た記憶です。仲良くルームシェアでもしているのかなぁと。

自分が観掛けた若いあの二人だったのか分からないのですが、ともかくお年寄りは暮らしていない集合住宅でした。
まだ未来ある若者が、何故に。

こういった件が身近であっても、直後はどうにも実感わかないです。(これ自分だけでは無いそう)
大学時代に飛び降り自殺直後の歩道に遭遇した際も、あまりにも現実的でなくて妙に冷静だったり。
歩道で歩いていたらしいサラリーマンが巻き添えになり、どちらも倒れて一方はイビキをかいていて。
何だこれは?でした。
後になってから恐ろしさに気付いたりなのですけれど。
漱石の三四郎でも主人公の上京直後にこんな場面があったなぁと。

ともかく、亡くなられたお二人にお悔やみ申します。
大家さんも大変だろうなぁ。
爆発してたら、大きな窓だらけのお隣の床屋さんも大変だったろうなぁ。

【追記:2018/10/22】
この事故、ニュースにもなってしまいました。以下は産経新聞さんの記事「同居の親子死亡、自殺か 東京・葛飾区のアパート」の引用です。
『 警視庁亀有署は22日、東京都葛飾区柴又6丁目にあるアパートの一室で21日午前に、いずれも無職で住人の女性(45)と女性の長男(23)が倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されたと明らかにした。同署は自殺とみて調べている。

 亀有署によると、21日午前9時半ごろ、女性が「息子が自殺した」と119番。警察官が駆け付けると、室内のロフトに横たわっている親子を発見した。

 女性は頭にポリ袋をかぶった状態で、中にはガスボンベが入っていたという。親子は2人暮らし。いずれも目立った外傷はなく、詳しい死因を調べている。』

記事を読むと、ますます謎でもありました。どうして?な。
昨日の時点ではご近所さんも詳細が分からず、お巡りさんたちも口が堅く。色々と噂や想像が膨らんだりしましたが、まぁ酷い尾ひれが付いた程でも無かった感です。
ただ、通報されたのは一階住民では無くて、亡くなられたご本人だった様子です。あと、都市ガスとかを使ったワケでも無かった様です。
詳細を知ったところでどうにもなりませんが、今日も現場検証が続いている様子でした。

あの猫は何処へ


寒い季節に公園近くの日溜りをいつも占有していた野良猫、ここ数ヶ月全く観掛けておらず。
この夏は暑かったし、無事に乗り越えられたのかちと心配だったりです。

呼ぶと近付いてきて、いつもスリスリしてくれて。お腹までみせてくれて。
全面的に信頼してくれて、毎度嬉しかったのですが。
眼が悪そうだった猫なのですが、コイツが寄ってくるといつも一緒に居たもう一匹の猫も寄ってきてくれて。
「早く春が来るとイイよね」って。

運が良ければ何方かが引き取ってくれているのかも知れません。
いまの時代は野良猫と言わず、地域猫と言うのかな。昔に比べて随分減ったなぁと思います。
地域のボランティアの方々が一時的に引き取って去勢して飼い主を見付ける活動とか活発らしく。
そのお陰か、道で轢かれた猫を観る機会も減ったとは思います。

ただ、野良猫が全く居なくなった町というのも、何だか寂しい気がします。
自分のエゴなのかな。

追記:2018/10/22
花壇の手入れをしていたところ、歩道を歩いていた住民さんから教えて頂けました。地域猫のボランティアさんです。
「あの猫は保護されたんでしょうかね?」とスマホの画像を観て頂き。
野良猫としてはかなり高齢らしく、それでも引き取り手が見つかったとの話でした。人懐っこい優しい性格も幸いしたのかな。
とりあえず良かった良かった。

防災訓練


昨日のこと、地元柴又の江戸川河川敷で防災訓練がありました。
これが、なかなか面白かったんです。

自衛隊さんが柴又と矢切の間に仮設の橋を作ってくれたり、カレーライスも振舞ってくれたり。
大震災を想定した訓練だったのですが、ともかく凄い内容で感動すらありました。
実際、訪れた皆さんも凄い凄いの連発状況で。

自衛隊さんが作るカレーが美味しいとの噂はずっと昔から聞いていたのですが、それを頂ける機会はないだろうなぁと。
それがこんな近場で頂けてしまいまして。
これが本当に美味しかったんです。お米は古古米っぽいカサカサ感があったのですが、逆にカレーのルーにかなりマッチしていました。
これ、震災で食料が手に入らない状況で頂けたら、暖かさ含めて涙ものだと思うんですよ。

仮設の橋については、これが大行列の待ち状況で諦めたのですが、見た目から何から凄かったです。
実際の場面では、都心から千葉方面に帰宅する方向けの橋になるのかなぁと思います。
まぁともかく、イザって時に頼もしい存在です。
今回の企画を考えられた皆さんに感謝です。

柴又の御神輿

昨日のこと、地元の柴又八幡神社さんでお祭り(例大祭)がありました。
柴又というと寺院である帝釈天が圧倒的に有名で、神社である八幡神社さんは知名度がそれほど高くなく。
ただ、八幡神社さんは古墳が発見されたり相当な歴史があるようです。
自分がかつて氏子をつとめていた妻恋神社さんも現在はこじんまりとしていますが、江戸時代は相当な規模だったらしく。

予定も無い日曜日でしたし、試しに柴又八幡神社さんのお祭りへ伺ってみました。
境内は地元の皆さんが運営していそうな屋台が幾つか並び、焼きそばもビールも良心的な値段で販売されていたり。
そのまま本堂に近付いてみたのですが、ちょっとした驚きが。
飾られていた御神輿が意外にもかなり大きく。本当に失礼ながら意外だったんです。

神田明神下で暮らしていた頃は、二年に一度の本祭りで町会の御神輿を神輿庫から出したりしていたのですが、これが出すのも仕舞うのもなかなかの重労働で。
自分の町会の御神輿は二尺三寸で、町会で所有する御神輿としては比較的大きな部類でした。
御神輿が大きいと、担ぎ手も沢山必要になります。担ぎ手が沢山必要となると棒(担ぎ棒)も長くなります。棒が長くなるとそれを移動させるのもなかなか重労働で、神輿庫に収めるにはエレベーターにも収まらないどころか階段の踊り場も曲がれず。
長い棒を出し入れするには神輿庫の非常口を開けて、縄で地上から釣り上げる作業が必要でした。
他にも、御神輿を飾る太い縄は雨で濡れたまま保管してしまうとカビだらけになってしまうので、しばらくは日陰で干す必要があったり。この縄も御神輿が大きいととても長く。
御神輿は大きければ良いというモノでは無いのですけれど、大きいと苦労する場面が多くなるのは確かだと思います。(ちなみに以下の写真のような作業です)

そんなことを思い出しつつ、柴又八幡宮さんの立派な御神輿を眺めておりました。
残念なことに、今年は陰祭りで御神輿は担がないとのことでした。
帰宅して検索したところ、あの御神輿は三尺もあるそうです。重量も一トン。これはデカいし重いです。
本祭りは三年に一度だそうです。ちょっと少ない感じもするのですが、これだけ大きいのを毎年担ぐのはなかなか大変だろうしなぁと。

ちなみに去年が本祭りだったのですが、自分は全く意識していなくて。勿体ないことしました。
担ぎ手達との晴れ姿をを観れるのは二年後になるのかな。ちょっと楽しみです。