信頼出来るニュースソース

武漢の新型ウィルス関連を検索しますと、Twitter上では様々な情報が飛び交っています。
中にはテレビ等のメジャーなメディアでまだ紹介されていない類も。こういった情報を人より先に知ると、ちょっと嬉しかったりです。
しかし、もっともそうなニュースであっても実はフェイクだったというパターンも多く、なるべく鵜呑みにしないようにしています。
あおり運転で助手席に居た女性がネット上で特定され、これがTwitter等で拡散された件でも、結局は全く関係無い第三者だったそうで、拡散した方まで訴えられたりで。
デマを掴まされて、それを鵜呑みにして拡散してしまうのも罪が問われる時代。特に制裁のつもりの情報ですと危険度高そうで。
震災時の人より早い情報は「人の為」が根底にあるのでしょうけれど、これもフェイクを掴んでいる可能性は高かったり。

今回の新型ウィルス関連の情報ですと、現地の病院でヒステリーを起こす医療関係者の動画や、ウィルスは怪しい研究所から漏れた説等、まことしやかな情報が既に色々飛び交っています。
実際どうなのか、自分では判別つかずです。可能性はあるんだろうなぁと。
そこで、個人で簡単な対策が立てられるなら良いのですけれど、そういった役立つ情報はあまりなく。テレビのニュースで言っている「マスクしろ」くらいでしょうか。そんなの誰でも知っているのですが。

そもそもフェイクニュースを流す奴というのは、単に目立ちたいだけや、情報をヒットさせて広告収入をアテにするとか。
東欧のフェイクニュース製造所な村な件とか思い出すと、モラルも道徳もあったもんじゃなく、日本人の美徳感が損を生むばかりなのかなぁと思えたり。性善説ベースでは騙されやすく。
良かれと思ってやったこととか、案外危ないモノで。
大きな災害時には、真偽不明の噂が昔から流れがちでもあり。

逆に、事実を伝えたらパニックになるから伝えられない場面も十年くらい前にありました。
福島の原発事故の際、関係者は報道で「メルトダウン」という言葉を避けていました。つい口が滑ると慌てて訂正したり。後から考えたら、仕方ない嘘だったのかなぁと。
コンピューターの世界でも、新種のウィルスの告知はワクチンが開発された後だったりします。問題提起は対策完了後、これが業界のルールだったりで。人や動物のウィルスはこうもいかなさそうですが。

全てを疑って掛かるのは味気ない生き方にもなってしまうよなぁとも。
コイツの言っている事なら、信頼出来るのとかあると思うんです。出来ればそうありたく。
今回のウィルスの件も「後から考えたら大したこと無かった」で済まされると良いですネ。

三割の共感

誰からもウケるのに限って、周りが笑っているからな社交辞令的で。
誰にも理解されそうもない話題で三割も響いたら、これがけっこう嬉しく。
模範的回答なら知ってるけど、それじゃ詰まらんと何かを狙う回答者。

個人的には、そっちの方が桁違いに面白く。
考えなくてもソレが咄嗟に出てくるのって、更に凄いよなぁ。

武漢の新型肺炎

当初の報道では大したこと無いイメージで受け止めていた武漢の新型肺炎。
これが何だか危険な状況になっているとの最近の報道。特に現地は交通網の封鎖とかで洒落になっていない状況だそうで。
妙な時刻にTwitterで知ったこの記事「中国政府、武漢市民が陸路からも逃げられないように、武漢の一般道や高速道路を大量の土で封鎖」など、特に考えさせられました(ひょっとしたらフェイクなのかも知れませんが)。
食料とかの物流網も恐らく機能していないでしょうし、こんなのが長期化したら戦国時代の兵糧攻めとやっていることが大差無く。

戦国時代の戦術の一つに兵糧攻めというのがあったそうです。籠城する敵軍を城ごと包囲して、物流を途絶えさせて飢え死にさせる戦術。
あまりにも惨い戦術らしく、史実に則った時代劇系のドラマでもその場面は曖昧にされてしまうことがあったりとか。最悪、共食いとかもあったそうで。
自分がそれを知ったのは五年くらい前の鳥取城ご当地キャラクター事件でした。あまりにもインパクトありまして、鳥取名物は砂丘でもラッキョウでも無く、かつ江さんになってしまった次第で。 →「かつ江さん」鳥取城のマスコットが3日間で公開停止 作者の思いは?
戦術としての餓死もさることながら、太平洋戦争で日本軍の死因の何割かは餓死だったそうです。これは補給ルートが途絶えた自滅なのでしょうけれど、何れにしても悲惨な状況だったそうで。

人の病気によっては、壊死しそうな脚を切断してそれ以外を守る手術もあったりするそうですけれど、ウイルスを拡散しないよう地域を完全封鎖するというのは、別の問題に発展しそうでもあります。
他にやりようが無いのかなぁと考えてしまったりです。日本だったらそこまではしないだろうと思いつつ、だったらどうやるのかなぁとも。
311で原発が壊れた際の封鎖も近いかなぁと思ったりでしたが、ウイルスのように伝染するものでもなく。

昨日のニュースでは、日本政府はチャーター便を出し、現地の邦人救出にも乗り出すそうです。イラン・イラク戦争で邦人救出にトルコ政府が助けてくれた以来か。
ただ、交通網が封鎖されている中、邦人が空港まで辿り着けるのか謎ですし、空港関係者が空港に辿り着けるのかも空港が機能しているのかも謎です。
自分はしばらく前まで某国際空港の通信周りに関係していたので、空港の運営に沢山の人が必要なのは知っていて。
航空機の離発着には管制員が、滑走路からスポットまでは誘導に関わるスタッフが、航空機の燃料や水の補充にもスタッフが、乗客や荷物を航空機に乗せるまでも検査員等々が必要で。中型の航空機を一機飛ばすだけでも、乗客以上の関係者が必要そうです。
国際空港の場合は専門教育や経験を積んだ方しか勤務出来ない領域が存在します。制限区域内に入るにも資格が必要ですし、その中で車を運転するにも資格が必要です。
ルールを知らなければ高価な航空機を破損したり、ジェットエンジンの噴射で車ごと吹き飛ばされる危険があり。
その辺が最低限機能しているのか謎だよなぁと。

あと、グレーゾーンだった数日間の内に、武漢方面から来日した観光客もそれなりに居ると思うんです。この方々は何時帰国できるのだか。現状で帰国するよりもマシなのかもですけれど。
自分の暮らす地域は成田に直結する電車もありまして。電車に乗れば様々な国の方と接するのが普通です。
数年前に千歳空港が機能しなかった場面では、外国からの一部の旅行客が暴動に近い行動を起こしたりもあったりで。
まぁせめて国内だけでも上手く治安を守ってほしいなぁと。
大事にならないことを祈ります。

北京鍋その後

入手から数日間使用した北京鍋ですが、お蔵入りとなりそうです。
理由は幾つかあります。
先ず、リビングも寝室も油臭が抜けずに困りました。数日経っても臭いは取れず、部屋中の壁紙を重曹入りの水拭きでやっと収まった次第です。他にもカーテンの洗浄とか。
このまま使い続けたら壁中が油色に染まったかと。換気扇の能力が劣っているのかも知れませんが。
あと、焦げ付かせない為に大胆に油を使用したのですが、三日間そんな料理を続けたらお腹の具合も悪くなり、口内炎も。
自分、身体の拒否反応が分かりやすいタチでして。体調が悪い状況で煙草を吸うとシャックリが出たり、お酒も適量を超えると頭痛が酷かったり。

北京鍋で劇的に料理が美味しくなる事もなく、上記の様な問題以外にも鍋のメンテは面倒だし、デメリットが圧倒的に多いなぁと。
数日前に元の職場の同僚が高血圧で急死したのも何かの前触れかなぁとも思っています。塩分と油の過剰摂取は良いハズ無く。
今週末は物置を整理して鍋を包んで放り込む予定です。
改めて、フッ素加工のフライパンや鍋の便利さに気付いたりでした。
年末ジャンボで当たった三千円で入手した北京鍋だったので、まぁいいっかと。

禁煙すべきか

夕刻に元の職場の同僚から訃報が届きました。
助け合っていた同僚が急死したそうです。
愛煙家で高血圧でもあったそう。
子供さん、まだ小さかったハズで。

残念極まりないです。
自分も禁煙すべきか。

庭周りの木を剪定


庭周りの木を剪定。
先ずはベランダ側から裏庭の木を触り始めたところ、脚立から落下し肋骨を手摺に強打。痛い。
次に歩道側から裏庭の木を触り始めたところ、指をノコギリで刺し出血止まらず。痛い。
ついでに庭の木も剪定。
血は止まったものの、肋骨に響く。
ガァ

北京鍋を入手

シーズニング等を最初から頑張ったものの、これがなかなか手強い存在。
テフロン加工に数十年慣れてしまったせいか、鍋肌に焦げがこびり付くは出来上がったチャーハンは団子になるは。
そして、部屋中が油臭。

シーズニング前、ガステーブルでシーズニングするも鍋全体が焼けず、庭にてバーナーで焼く、焼きそばを作るの順な写真。
最初に作ったチャーハンも鍋肌にこびり付き、次の焼きそばも鍋肌にこびり付きました。

追記:
窓全開で換気扇を強にしても台所以外まで油臭がなかなか消えず。現代風な家で中華鍋を使うのは難しいかなぁと思い始めました。
昔の家ですとトイレ臭とか色々な臭いに囲まれたものです。しかし、高性能な空気清浄機に慣れてしまうと臭いに敏感になり過ぎたようでもあり。
そんなワケで、今日は久し振りにカーテンも洗濯しました。少しは臭いも治まった感ですが、外出先から部屋に戻るとやはり油臭。
リビングには服も沢山置いているので、何らかの対策をしないと凄いことになりかねず。

話が少し飛ぶのですが、以前に伺った葛飾区の洋食屋さん、美味しかったのですけれど店中が油でギトギト。
カウンター席の上には小さな照明が一列に並んでいて、それも油でギトギト以上に油の滴だらけで頭上から降ってきそうな状況でした。
極端な例ですが、油料理を続けて清掃を怠るとこうなるんだなぁと。
直リンクはしませんが、こちらのレビューサイトでその写真が載っています。 https://goo.gl/maps/F3ioR22RCTbs7K8M9