愛媛の事件

愛媛で三人が殺害された事件、またしても被害妄想な方による犯行だったらしく。
数年前に淡路島で五人が殺害された事件と流れは一緒で。
メンタルに問題を抱えて被害妄想、その後に見当違いな相手を加害者扱いして殺害という流れ。その間には十分に危険な予兆があったのに、行政も警察も形式的な対応しか取れず。

近年、そんな事件が多過ぎです。幾つもの煽り運転で捕まった犯人も「つけまわされている」との被害妄想だったりで。
本当に悪事を働いている相手であれば成敗したら情状酌量の余地もありそうなのですが、それよりもメンタルに問題を抱えて罪もない人を傷つける犯人の方が軽い刑というのは、何とも矛盾で。
江戸時代の仇討ちは、罪にならなかった例もあるようですし、気がふれて何しでかすか分からない人への対応も現代より迅速だったかもしれず。世の中複雑になりすぎたのか。

SNS上で被害妄想を抱える方の見分けはつきやすく、電磁波攻撃といった独特のキーワードを使いがちで。
攻撃を疑う相手への根拠も示しているのですが、普通の人にはその接点が理解不能というか、思い込みでしかなく。

被害妄想から被害に遭っている方の意見もSNS上で稀に。疑われてしまった方は、執拗な嫌がらせを受けてしまいがちで、簡単には解放されない傾向でした。
被害妄想側も警察に訴えに行くことは多いそうなのですが、説明が支離滅裂で途中から相手にされなくなるパターンが多いそうです。対して、被害妄想から被害に遭っている人は論理的な説明が出来ているので相手にはされるのですが、その場しのぎな対応がほとんどらしく。
「次に大きな事件があれば対応する」的な状況が続くそうで。冒頭の二つの事件は最悪の「次」という結果で。

家族が対応した残念な事件もあったりです。
元農水事務次官長男殺害事件」は次に何しでかすか分からない息子を親が殺めた事件で。周りに被害が及ぶ前に親が罪を背負い。
長女10年監禁死事件」は統合失調症の娘を監禁し続けた結果死に至った事件。家族として周りに迷惑を掛けたくない思いはあったのかと。最近判決が出た事件でして、ニュースのコメント欄では親が責められる意見が多かったです。
精神に問題があったとしても、攻撃性が乏しかったらこうならなかったのかと思います。後者の事件を検索したところ、昔は精神病院やそれに類する施設が無かったそうで、こういった障害を抱えた人は親が責任持って監禁する必要があり、逆にそれが出来ていないと罰せられたりも。
現代は核家族化も進み、家族の目が行き届かない場面で事件化してしまったり、家族の絆が薄く見放されてしまう例も。

最近、そういった障害者を見掛けなくなった気もします。見掛けるにしても攻撃性の無い方がほとんどで。
子供の頃はそれなりに見掛ました。思い出したのですが、毎日のようにデコチャリで爆走する年上らしき若者が。引っ越し先で遭遇したので、どうしてそうなったのか友人に聞いてみると、幼少期に高熱で脳に障害が残ったらしく。過去には彼をからかった子供が包丁を振り回し追いかけられた事件もあったそうです。
ご兄弟は学業優秀で、立派な大学に進んでいたとも聴いています。幼少期の不幸が無ければ色々と違ったんだろうなぁと。

次に大きな事件を起こさなければ具体的な対応が取れない警察や自治体が実際に多いそうで。人権が絡んでいたり、法律で減刑されやすい傾向が、後手々々な対応に拍車をかけているらしく。
こうなると、法律自体が変わらないと同様の事件が今後も続くばかりかと。

被害妄想の中でも、加害者扱いされるのは某宗教団体が圧倒的に多そうです。ストーカーの集団扱いだそうで。
しかし、加害者扱いされるのが個人や家族だった場合、今回の様な事件に繋がってしまう様で。
加害者扱いの明確な対象が無いパターンは通りすがりの人を襲うことも。
その宗教団体を擁護するつもりはありませんが、被害妄想からの誤解や恨みを一手に引き受けている様な状況で結果的に均衡も保たれてい様子で。この団体がもし存在しなかったら、どんな団体が次に疑われたのだか。

ちょっとタブーな話題ですので、公開すべきか数日迷えた記事でした。
こういった記事を綴ると、炎上する危険があるのも分かっているので、短期間で消すかも知れません。
被害妄想の方が本気でそう信じているのも分かっているのですが、ほとんどの場合は通院を極端に拒む傾向らしく。自然治癒はほとんど望めないのに。
その辺の垣根というか敷居というかが変わるだけでも、流れも結果も大きく変わるのかなぁと。
認知症の一部の方もそうなのですが、他人を疑う前に自分を疑うスタンスがあるだけで周囲の理解も得やすく、助けてくれる人も嫌な思いせずに済み。

新柴又も捨てたもんじゃない

自宅最寄りの駅は新柴又なのですが、自分は何年もこの駅自体利用していません。
北総線の運賃が高過ぎるし、都心に出るには隣駅と僅か一区間が北総線の別料金でアホらしく。柴又に引っ越してきた当初は何年も務めた会社が定期代を出してくれたので利用していたのですが。
駅自体はそんなに古くないものの周りが単なる住宅街に近く、商店街らしきものも存在せず。ただ、駅にはスーパーマーケットが併設されていて、ここの生鮮食品がそこそこ安く時々利用しています。
このスーパーは数年前まで24時間営業でしたので、案外重宝する存在でした。

駅前ロータリーにはタクシー乗り場やバス停があり、その隅っこにはコンビニがあり。そして、焼き鳥屋の小さな屋台があり。
このコンビニは自宅最寄りでもあり、深夜でも利用する機会はあり。
そして、焼き鳥屋の屋台もずっと気になる存在でした。
営業さえしていれば、誰かしらお客さんが幸せそうに串の肉を喰らっていて。意外にも若いお客さんが多かったりで。

しかし、コロナの自粛期間は屋台が畳まれたままでした。
何ヶ月も営業していなかった記憶です。(全く営業していなかったのかは不明ですが)
屋台はそのまま昼も夜も残っていたので、この先どうなるのかな?と気になる存在で。

緊急事態宣言が明けた今月初旬から、屋台は再開していました。
これが結構なお客さんの数で。やはり若者が多く、やはり皆幸せそうで、会話も弾んでいる様子です。
ちょっと空いているタイミングで自分も頂いてみようかな?と思ったものの、コンビニへ寄るタイミングではいつも賑わっていて。
焼き鳥は一本百円からで良心的な値付けです。そして、最近気付いたのですがお酒は販売していないっぽい屋台で。
お客さんのほとんどは、隣のコンビニかスーパーで缶ビールとかを購入している様子です。
なんじゃこりゃ。

だいたい、お酒を提供するお店というのは、手間のかからないドリンク類で儲けているのが普通で。
全く真逆のことをやっているお店です。
お酒に限らず、ワンドリンクを必須とする飲食店も少なくありませんし。

軽く検索したところ、あの「黒かどや」さんも紹介されていた屋台でした。
黒かどやさんのTwitterアカウントは毒舌で有名でもあるのですが、評価すべき何かについてはしっかり褒めていて。単なるアンチではない視点の持ち主でして。
新柴又も柴又も葛飾区に属して一応二十三区内ではありますが、何故にこんなマイナーな地域の小さな屋台を知っているのか?
ちょっと考えたら分かったのですが、駅の反対側には大越飲料という昔ながらのラムネを製造する小さな工場があり。
このラムネについては「(黒)かどや」さんも店舗で扱う飲料でして。
何かの機会に大越さんの工場へ来たついでに気付かれたのかな?
それにしても、夕刻以降しか営業していない小さな屋台でして。滅多に訪れる場所では無いでしょうし、タイミングが良かったとしても一発でよく見抜いたなぁと。
ぼんくらな自分なんて、そこに至るまで何年も掛かっています。

屋台については、近いうちにお酒持参で伺うつもりです。
「かどや」さんについても、せめて一度は伺ってみたく。

新柴又にはもう一店風変わりな飲食店が存在していまして。看板も出していないお店で、これがかなり良心的な値付けで。(先程確認したところ、小さな看板は出すようになった様子)
柴又駅周辺は帝釈天のビッグネームや「寅さん」関連もあり、小さな観光地なのですけれど、観光客向けな値付けが基本的に多く。
それに対して色々と正反対な新柴又駅周辺は観光目当ての人などほとんどおらず。
そんな中で目立たなくとも頑張っているお店、素敵だと思います。
案外凄いな、新柴又。

電気のちょっと怖い話

昨日のこと埼玉県内の変電所で爆発があり、JR東日本の首都圏の電車が停車してしまう事態に。
変電所で爆発というと、恐らく変圧器が何らかの故障を起こしたのかなぁと。
容量は小さいですが、電柱の上に乗るドラム缶みたいなのも変圧器です。

高圧向けの変圧器はオイルで満たされている作りが多く、これが内部の冷却にも役立っていた記憶です。
オイルそのものは高い絶縁性を持つのですが、万一金属の異物が混入してしまうと、それがオイルと一緒に対流してショートしてしまう危険があった記憶です。(うろ覚えなもので不確かな記憶なのですが)

某ニュースのコメント欄を読んでいたら、鋭い指摘が。
「数日前の地震で変圧器内に異常が生じたのでは?」と。内部で固定されていた何かが落ちたとかあり得そうです。
高圧の変電設備ですと6600Vという途方もない電圧が掛かっているので、ショートしたらかなり恐ろしそうです。

それで思い出しました。
大学時代の自分は夜間の学部に通っていて、昼間は他の大学で電気関連の職に就いていました。
変電設備の電力使用量を毎日チェックしたり、教室で蛍光灯が切れたら交換したり。ブレーカーが落ちたら漏電を調べたり。
他にも視聴覚設備で上映を担当することも。時々、立派な学者さんの講演も無料で観れたりでしたので、これは仕事抜きに面白かったりでした。
ただ、ちょっと怖い場面もありました。

変電設備の事故は在職中に未経験だったものの、教室の古い蛍光灯器具が時々爆発しまして。年に数件はありました。
爆発した後に蛍光灯の器具を交換するのですが、多くの場合は黒いオイルが飛び散っていました。
爆発の瞬間に真下に居た学生は、この黒いのを頭から被ったりするワケなのですが。
甘い香りのこの黒いオイル、PCBオイルでして。
これが結構恐ろしく。発がん性があり、危険度はダイオキシン並みなのでして。「カネミ油症事件」の原因もこれです。

今現在どうなっているのかWikiで検索したところ、自分が関わっていた以降の時代も全国の学校で同様の事故が発生していたらしく。「眠る爆弾」とも呼ばれているそうです(上手いこと言うなぁ)。
そういえば、その後の仕事でも訪問先の会場が古い建物だったりすると、無意識に天井を確認しがちでした。これが古い器具で長い蛍光灯ですと、爆発したら嫌だなぁと。
予算のちゃんとある施設でしたら、アスベストと同様に対処されているとは思うのですが、例外は勿論残っていそうです。

ドラマ日本沈没

大河ドラマを観た後、何となくチャンネルを回していたらTBSでドラマ「日本沈没」が。
何となく見始めたところ、どっぷりハマってしまいました。
観るんじゃなかった。

危機迫るストーリー、次回がとても気になってしまい。
幼少期にもドラマで観ていて、由美かおるさんが綺麗だなぁと。
ストーリーはほとんど忘れてしまったし、自分も幼過ぎて理解しきれていなかったのかも知れません。
1974年の放映だったそうで、まだ小学校へも入学していない頃でした。

今回のドラマ、研究者役の香川照之さんがやはり凄かったです。
龍馬伝の岩崎弥太郎役から大好きな役者さんだったのですが、この癖の強さは何とも素晴らしく。
実際、研究職の方というのは癖の強い方が少なくなく。まぁここまで信念持ってやっている方は少ないのかも知れませんが。
ともかく、またしても主役を喰っている存在です。

現実に重なる部分も少なくなく。
数日前にノーベル賞を受賞した日本人も地球物理学系でしたし、まさかそこまで先読みしていたとは思えず。
そして、ここしばらく日本の各地で続く大きめな地震。
今回の放送当日は昼間に変電設備の爆発があり、JR東日本の多くの電車がしばらく停まったままでした。

しばらく前にも綴りましたが、高校時代の友人だったH君も地球物理学系の研究を続けていて、当時から小松左京さんの大ファン。
著書に作者のサインまで頂いていたそうです。そっちの道に進んだのも小松左京さんの作品の影響はけっこうあるんだろうなぁと。
本人はあのサインを宝物にしていました。

第一話では「関東沈没」という言葉が多く。これがどう「日本沈没」に繋がるのか、今後の展開が気になります。
あらためて、観るんじゃなかった。

そろそろ床屋さんへ

髪の毛が相当伸びてしまいました。
最後に髪を切ったのはいつだったか、よく覚えておらず。
Blogを検索したところ、七夕の日に床屋さんへ伺っていたらしく、三ヶ月放置していた様子です。
そろそろ行かねば。

自分の髪は剛毛かつ量が多く、伸びると収拾つかなくなりまして。
ただ、若い頃に比べると少しは髪の量も減って助かってはいるのですが、癖毛もかなり入っておりまして。
薄くなるよりは幸せな気もするのですが。

なので、夏場はかなり短めにしています。ほぼスポーツ刈り。
そして、冬場は伸ばす傾向です。秋のこの季節は伸ばす方向の途中なので床屋さんに行く機会も毎度減りがちです。
普段ですと二ヶ月に一度なのですが。

しばらく前の職場で、側頭部と後頭部以外スキンヘッドな社員がいました。例えると「マカロニほうれん荘」に登場したクマ先生。
とても親切な方で、特に入社当初は困っていたら誰よりも先に助けて頂き。直属の六十代の上司は口調も含めてかなり厳しい方だったのですが、何か問題があったときに部下を疑い過ぎでして。そんな場面でもこの方が上司の誤解を解いてくれる場面がしばしば。
しかし、この親切な方の年齢をある日知りちょっと驚きました。まだ四十代前半だったそうで。髪形によるイメージというのは相当影響するんだなあと。
自分だったら、残りの毛を剃って完全なスキンヘッドにしてしまいそうです。横と後ろだけ残っていると、どうにも老人に見えてしまい。

あと、自分もちょっとした問題を抱えています。
白髪が相当増えてしまいまして。
床屋さんで切った直後はかなり白いです。帰宅後その日のうちに白髪染めで対応している次第です。
これ、染めなかったら七割くらい白髪が占めていそうでもあり。
染めるか否かでイメージも相当変わるようです。
吉川晃司さんは白髪でもカッコよいのですが、やはり元の顔があれだけ整っていると、違いがありそうです。

ここのところお酒の量が増え気味で、かつ昼夜も逆転気味で不摂生そのものの生活でした。
日曜日の今朝はちゃんとした時間に起きれたので、これからシャワーでも浴びて、そのまま床屋さんでも行ってこようかなと。
ダレた生活から抜けるには、髪をサッパリするのも気分転換になり。

魚を喰らう

二日続けて魚を頂いています。
初日は塩鮭、一切れ128円を二切れ入手。数年前でしたら100円程度だった記憶。
冷凍もののこれ、見た目から言って塩漬け状態でした。
自宅のグリルは調子が悪く、清掃も面倒なので、フライパンで焼いてみました。

まず、一切れを夕食に頂いたのですが、これがしょっぱい!
一緒に頂いたキムチなど、しょっぱさで舌が麻痺していたのかほとんど無味。
塩を落としてから頂くべきだったのか。

翌朝に冷めた半切れを頂いたところ、これがけっこう美味しく。
冷めた方が美味しいのかな?
そういえば、25年ほど前に道東で身内の葬儀に参加したところ、昼食に塩鮭の山を見たことが。
亡くなった身内が暮らしていた寮で振舞って頂いたのですが、大皿に鮭が山盛りでバイキング状態。
文化というか土地柄の違いを感じました。

あの地域では秋になると傷物の鮭が一匹150円で売られていて、一切れなどタダみたいなもので。
ただ、素人がさばいても包丁一本ボロボロにするだけだったりですが。
旅の途中でそれに遭遇し、実家に持って帰ったのですが、採れたてで冷凍していない鮭は脂の乗りが半端なく強烈な美味しさでした。
自分の知っている鮭とは全く別物で。

しかし、元々知っていたしょっぱい鮭の味もけっこう好きでして。
昼にも残り半切れを頂いて、やはり美味しく。

これはまた鮭を買いに行こうと同じスーパーへ寄ったところ、カツオのブロックが安売り中。400円也。
刺身でも頂けるそうで。ブロックを早速半分を薄く切って頂いてみました。
ご飯にわさび醤油であえたカツオを乗せて、カツオ丼。
最初は美味しさを味わったものの、バカみたいな量のカツオで、途中から飽きてしまい。
そして、結局食べきれず。
これ、外食ですと千円くらいはしそうな贅沢さでした。
生ものでそのまま残すわけにいかず、申し訳ないことに丼の残りはごみ箱に。

加齢とか不規則な生活もあってか、ここのところ過去に余裕だった量がキツくなっています。
特にラーメン二郎がキツくなってきたこの頃、行列に並ぶのも面倒になりがちで。
大盛は自宅で挑戦すべきかなぁと思えた二日間でした。
それよりも、カツオのブロック残り半分はどうやって頂くべきかな。

自然現象

例年、庭でヒマワリが咲くとカマキリが寄ってくるのですが、今年は何故か見掛けませんでした。
このカマキリは花の蜜を頂きに来るワケじゃなく、蜜に寄ってくる虫を捕まえるのが目的の様子で。
カマキリの卵は庭で一度しか見たことが無いものの、それでも毎年何処からともなく寄ってきていたのですが。

そして、今年はトンボを見る機会がかなり少なかったです。
全く見なかったワケではないものの、例年の一割未満程度でした。

自然災害の前触れとかでなければ良いのですが、特定の昆虫の大発生というのは不定期である様で、逆もあるんだろうなぁと。
特にイナゴの大発生による農業への大打撃は有名で。
去年だったかもアフリカで大発生したのが結構な被害をうみ、その後大群は東へ大移動し。
これが中国まで到達したら大変な被害になったそうですが、ヒマラヤ山脈を越えることは出来なかったそうで。

そんなことを考えつつ、コンビニへ寄ったところ、店の入り口にはカラスが一羽。
ガラスではなくカラスです。
人が近付いても全く動じず、話しかけてみたらこちらへ寄ってきました。
ベランダで使用しているボロボロのクロックスを履いてきた自分なのですが、カラスはクロックスの穴が珍しかったのか、穴めがけてくちばしで突っついてきました。
数日前にも近くで見掛けたカラス。誰か餌付けでもしてしまったのかな。