モリモトのピロシキ

千歳の中心街で大昔から営業しているパン屋さんなモリモト。
ここのピロシキが美味しいと、中学時代に同級生のS君から聴いていて。
実際、当時数十円で購入出来たピロシキは美味しく。

進学した高校がモリモトまで徒歩五分程度だったので、お昼休みに買い出しに行くこともしばしば。
しかし、この時間帯に校外へ出るのは禁止。見慣れないオッサンに街中で声を掛けられ。

その日の夕刻、昼休みに街に出た者がこの中に居るようだが手を上げろと担任から。
自分はあのオッサンに氏名まで伝えていたし、そんなに悪い事をしたとは思っておらず、手を挙げ。
そして、自分が誘ったM君も手を挙げ。

黒板の前に立たされた自分は「どうして外に出た?」に対して素直に「モリモトのピロシキを食べたかったからです」と。
すぐさま担任から厚い書物で頭をぶっ叩かれ。
自分が誘ったM君まで叩かれそうになり「こいつは自分の誘いに乗っただけだから!」と庇ったものの、既に手遅れ。

M君にはその後に謝りました。「俺のせいで」と。
でも、M君は笑って許してくれて。
校則で禁止されていたアルバイトや単車の仲間でもあったので、こんな痛みはへっちゃらで、それよりも庇ってくれたのが嬉しかったそうで。

あの高校の教師は、何かあった時の問題を避けるやる気のないオッサンとかお年寄りばかりだったのは一年次から気付いていました。
サラリーマンでもやっていた方が、よほど似合っていそうな残念な教師というか。

先月の上旬に20年ぶりの帰省となった千歳。
三日目の朝は中心街のホテルからモリモトに寄り、プリンを三つとピロシキを四つ入手し、バスでちょっと離れた実家まで。
腸に末期癌を抱えた母は食べられるモノも限られていました。プリンだったら何とかなるかもと。

実家に到着し、看病していた叔母と母とピロシキとプリンの談義になりました。
母は御粥か素麺くらいしか消化出来ず、揚げ物のピロシキなど口にしたら、痛みを伴う後も大変で。
朝食をまだ頂いていなかった自分がピロシキを二つ頂くことに。
母はそれを食べたがっていました。

自分も食べさせてあげたかったです。しかしそれをしてしまうと介護する叔母にも面倒を掛けてしまい。
自分は美味しく幸せな表情でピロシキを頂き。
母はそんな自分を嬉しそうな笑顔で見つめていました。
うらめしそうに観られていたワケではなく、幸せそうにでした。

これは自分の幼少期に経験した場面と同じ母の笑顔でした。

自分が小学二年生くらいの頃、クリスマスに近い時期だったか突然母から一緒に街に出ようと誘われて。
行き先はちょっと洒落た雰囲気の喫茶店で。
そこで、自分はクリームソーダを頂き。母は一番安いコーヒーを注文していて。
滅多に味わえないクリームソーダを頂く自分、母は嬉しそうに眺めていて。
母は最後に「お兄ちゃん達には内緒だからネ」と。

兄達にはその件をずっと黙っていました。
育ち盛りの三人を連れて行くには寂しい懐の母だったでしょうし、兄達からいつも酷い扱いを受けていた自分が、ちょっと気の毒だったのかも知れません。(三男坊の兄弟での扱いは世間でそんなものと今でも思っています)
ともかく、ピロシキを美味しく頂く自分を見つめる母は、あの時と同じでした。

そんな場面を思い出し、またしても涙が抑え切れずな自分は残ったピロシキを二つぶら下げて逃走。
叔母の話では、母はその後にプリンを美味しそうに頂いてくれたそうです。
幸い、それでお腹を下すこともなかったそうです。

母の通夜の場面、葬儀を担当していた営業さんが気を効かせてくれました。
集まった親族に、モリモトのピロシキを振舞ってくれて。
葬儀の打合せの途中、ピロシキの話題を耳でしっかり掴んでいてくれたらしく。
集まった親族一同で美味しく頂きました。

全く罪なモリモトのピロシキです。
美味しいプリンを自分は口にしなかったものの、もしかしてあれは当時のクリームソーダな自分だったのかもなぁと。
(読み返さずに一気に綴った本文なので、誤字脱字お許しを)

IIJmioのMNP転入

IIJmioにMNP転入と端末購入を同時に行った場合、Twitterで前例を検索してみたところ、申し込みから到着までに一週間ほど掛かる様子です。

申し込み→本人確認完了→発送連絡→到着
の流れだそうです。

自分の場合は日曜日の夜に申し込み、月曜日の朝に本人確認完了のメールが届きました。
ここまではかなり順調な様子です。人によってはこの間に三日待たされたりするそうで。
本人確認から発送までは最低でも二日掛かっている様子です。
発送から到着までは二十三区の場合一日が普通で。
それらを考慮すると、最短でも到着は木曜日かと。

現在のスマホはなるべく触らないようにしています、少しでも負荷が掛かるとシャットダウンしてしまうからです。
電話の着信は可能だと思いますが、恐らく通話中にシャットダウンするんだろうなぁと。

今回失敗だったのは、実店舗を利用すべきだったかもな点で。
MNPの予約番号と免許証といった身分証明書さえ揃っていたら、当日引き渡しも可能だったらしく。
ただし、ネット上のあの値段で購入出来たのかは謎です。

モトローラ moto g52jに乗り換え

Aquos sense5Gの致命的な故障につき、モトローラ社のmoto g52jに乗り換えへ。
選定理由は安くて防塵防水でおサイフケータイが使えること。
出来ればカメラ性能がまともで、なるべく安いの。
色は黒がモトローラっぽい無骨さを感じられるものの、敢えて白に。筐体が黒いだけでも夏は直射で熱くなりそうで。
ラーメン屋の行列に並んでいる場面、これはとても伝わってくる問題で。

結果的にIIJmioサイトでのMNPで14,800円でしたので、コレにしました。一般的な価格は倍以上します。
Aquos sense5Gも当時OCNの新規で20,000円しませんでした。これは売却時に起動出来たら10,000円くらいで買い取りしてもらえそうです。

バッタ屋系でもソコソコ安く買えるのですが、実店舗を持っていなかったり発送まで時間が掛かったり、出所訳アリのハズレもあったりでパスしました。
他にも一番安いiPhoneも候補に考えたりでしたが、それでも高価ですしおサイフケータイがスムースに移行できるのかよく解らず。
おサイフケータイ内には数千円の色々が残っていまして、無視出来ずでした。

モトローラ社といっても、スマホはレノボ系との噂でした。ただ、通信機器やコンピューター系でモトローラはそそられる響きがあります。
しかし、Android端末としては妙な装飾も少ないそうです。oppoの端末が安くても評判良く色々と調べたのですが、OSに癖があるそうです。
また、気になった機種の実機は背面カメラのレンズカバーが無駄に主張し過ぎていました。ソコソコの撮影が出来るそうですが。
抱き合わせの余計なアプリも含めてモトローラはかなり少ないそうなので、それも背中を押してくれました。

simについては月4GBで国内電話はかけ放題のプランに入りました。月額2,500円くらいでしょうか。元々入っていたOCNとほぼ同額で1GB増えた様です。
キャリアはdocomo系。

現在はネット経由でポチった時点です。
到着までどれだけ掛かるのかな?
あと、これまで利用していたOCNのMNPな転出には三日掛かるとの触れ込みでしたが、一時間程で予約番号が発行されました。
これはスマホのショートメッセージへの通知でしたので、スマホが生きていないと届かずで。

Aquos sense5Gについては昨夜から騙し騙し使えてはいます。
冷蔵庫で冷やしたりしながら。ほとんど生モノと化しました。
今日は金町駅前でカレーうどんを頂き、試しに写メした直後にまたシャットダウン。
もしかして蘇ったのかな?とも思えていましたが、やはり駄目でした。
帰宅後に冷蔵庫でもう一度冷やし、上記のMNPの予約番号も受け取れまして。

この致命的な故障さえ無ければ五年くらい使ってみたかった端末です。他に何も問題なかったですし、それまでは安定して動作していたので。
今回は勿体無い出費となりましたが、総費用と売却額を考えると数千円で済みそうです。

moto g52j、早く届かないかな。久し振りの買物です。

追記:
液晶の保護フィルムはAmazonで別途ポチリました。火曜日には届く見込み。
本体のカバーは付属しているそうです。
あと、USBケーブルや充電器は付属していないそうですが、自宅に大容量向けのがあるので問題無さそうです。

Aquos sense5G半壊れ

昨年の三月に入手したスマホAquos sense5Gが遂に半壊れ。
自分の入手したのは運が良かったのか、それまで大きな問題は無かったのですが、噂の再起動症状に本日見舞われました。
メーカーも認めるハードウエア不良の症状です。再起動を幾度か繰り返し、遂には起動も出来なくなり。
初期症状から文鎮化まで、この間二時間未満。
他の方のレビューを観ても、修理後の対策品でさえ短期間で症状復活だったり。

室内温度はそれほど高く無かったものの、端末はけっこうな熱さ。
駄目元で一時間ほど冷蔵庫へ。(冷凍庫ではありません)
取り出した端末の電源ボタンを長めに押すと、再び息を吹き返しました。

ハードウェアの問題なので、ソフト的なアプローチは無駄だと思いつつ、端末を初期化。
しかし、再起動後の初期設定中にまたしてもダウン。
何度か再起動を繰り返しているうちに、使えるようにはなったのですが、いつまた倒れるのか不安しか残らない端末です。

最低限インストールされているアプリは最新状態に何とか出来たのですが、その間幾度も途切れるWi-Fi。
補償期間は過ぎていますし、メーカーが認める不具合にしても修理に預けたらどれだけ時間やお金が掛かるのか謎です。
何より、固定電話が自宅に無いので電話番号での通話はこれ以外に手段が無く。
今夜は次の機種の候補を見つけて、買い替えを考える予定です。

あまり詳しくないのですが、現在使っているスマホのおサイフケータイに溜まっているお金を新しいスマホに引き継ぐには、二台揃った状況でないと難しそうです。
他にも方法はあるのかな?

母の葬儀からまだ一ヶ月経っていなかったり、再就職活動中でもあるので、電話番号での連絡手段は途絶えない方が良さそうですし。
しかし、お金に余裕が無い時に限って何故に。。

次の機種で必要そうなスペックを考えてみました。
・現在の機種並みのスペックで十分
・シャープの製品は割安感があるものの、その後の製品も似たような不具合が残っているらしく、避ける
・おサイフケータイ機能は捨てがたい

機種変更後におサイフケータイの引継ぎも上手く行けば、いま使っているのは専門店で売却予定です。その時まで何とか起動してほしいです。
起動さえすれば美品なので一万円くらいで買い取ってもらえそうです。
ガァ

SE3X局

数ヵ月前に2つのバンドで交信したスエーデンのSE3X局。
eQSLでのカード交換はされないようなProfileだったのですが、本日何故か2通とも届いていました。
カードのデザインも遊び心があり、大人な局長さんだと思われます。

標準治療

昨夜のテレビで放映されていた癌の標準治療がTwitterのTLに。
癌の治療方法は何十年も掛けた成果なので、あまり疑っていません。
番組では怪しい本への警鐘も鳴らしていましたが、まともな本でも五年以上前のですと既に古い情報とも。

認知症と末期癌が同時進行だった母。元々読書家でもあったので、久し振りに帰省した実家には無数の本が溜まっていました。
その中には、癌についての作品も少なく無かったです。怪しい内容の作品も恐らく含まれていたんだろうなぁと。

番組では末期癌の高齢の母親がトンデモ系の本に騙され、標準治療を拒む実話も紹介されていて。
それを諭した息子さんの証言も切実さが響いていました。

自分も母の認知症に気付いた一年少々前、病院の受診を勧めていました。言い難かったことですが、これは家族がするべき役割で。この時点では癌が発覚しておらず。
母は大いに憤慨し「もうメッセンジャーでのやり取りは終わりにします」との残念な返信が。そして、お別れの言葉まで。
しかし、翌日には何事も無かった様に母から平凡なメッセージが届き。
認知症の症状は予想以上でした。

親子だから互いに率直な感情をぶつけられるんだろうと思いますが、これでは自分の手に負えないとも思えました。
しかし、あの時の自分の文章を読み返すと、もうちょっと言い方あっただろうになぁとも。

歳を重ねると自分の歳でも劣化は感じるのですが、客観性はある程度整ってくるとも思っています。。
しかし、それ以上に歳を重ねると、赤ん坊にどんどん戻ってしまう様子です。
だったら、身内に任せちゃった方が幸せなのになぁ。

カーステレオから

葬儀の期間、移動手段は身内の車と運転ばかりでした。
その移動中、カーステレオから流れていた音楽がちょっと印象的でした。
イトコの高級セダンで流れていた曲が、Gil EvansとMiles Davisの音そのもので。
そのコンビのアルバムは何枚か所有しているものの、今回は初耳の曲ばかりでした。

幾度か空港へ親族の出迎えに向かう中で流れ続けていて、勘違い前提でイトコに聴いてみました。「これ、マイルス?」と。
当たっていたそうです。
かなり古い録音なのに偉くクリアな音で、Gil EvansもMiles Davisもとっくにあっちの世界の人だし、最近似たようなことしている人でもいるのかなぁと。
しかし、自分より下の世代でこれがMilesだと気付ける人はほとんど居ないだろうなぁと。

親族と会える最後の日、その運転は江別で暮らす叔父の車でした。
この車内でもジャジーな曲が流れていました。
自分はギターが主体のJazzなアルバムをほとんど保有していません。ただ、Django Reinhardtだけは、ネット経由で時々聴いていまして。
70年代以降のクロスオーバーなギタリストが嘗て綴った記事に「ジャンゴの音楽は絶望的な古さを感じたものだが、久し振りに耳にしたら案外良かった。自分がグッドリスナーになれたのかも知れない」と残していて。
それがどんな音楽なのか気になり、たまーに聴いていました。
実際、80年代にラジオで聴いた時はピンときませんでした。確かに古く、何だかノリだけで。
しかし、これがちょっと古めな洋食屋さんで流れていたなら、ちょっと味わい深く頂けそうだなぁと。存在が邪魔にならず、料理やお酒を美味しくしてくれる音楽というか。
そして、自分も四十代を迎えた辺りから、これもありだなぁと。

叔父の車で流れた曲、これもたまたま一曲だけそうだったワケではなく、次の曲もジャンゴっぽく。
叔父に思わず聴いてしまいました。「これはジャンゴ・ラインハルトですか?」。
またしてもほぼ正解だったそうです。ジャンゴを愛するギタリスト達のトリビュート盤だったそうで。
自分がJazzが好きなのを事前に知っていたのかな?
ちょっと試されている様で、面白い出来事でした。